• このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⅰ.一般的なコンサルティングセールスの基本形

この基本形を身につけるねらいは、営業サイクルに基づいた活動・提案手法を学びお客さまへ一層の安心の提供を図ることです。そしてゴールは、お客さまに対して必要保障額シミュレーションを用いて、オーダーメイドの総合保障提案をすることです。

スポンサーリンク


1、ファーストアプローチの役割

営業サイクルにおけるファーストアプローチについて

営業サイクルを一言で表すと、生命保険営業を永続可能なビジネスとするための正しい仕事の進め方です。

営業サイクルの中で皆様がお客さまと実際の面談をするステージを営業プロセスといいますが、ファーストアプローチは実際の商談の始まりとなる場面なので非常に重要です。また、お客さまから信頼を得る最初のステージになります。

ファーストアプローチの目的は、生命保険やライフプランに関する情報を「一般論」で提供し、潜在ニーズを喚起することです。ここで大事なことは一般論でニード喚起をすることです。

スポンサーリンク


3つのポイント

1.生命保険やライフプランに関する情報を一般論で伝える

生命保険商品の話は聞いたことがあっても、生命保険の役割や仕組み、必要保障額についての考え方、ライフプラン全体を見渡した生命保険や老後資金についての考え方を知らない人は、まだ多くいます。

一方で、人は“死”を連想させる生命保険の話に拒否感をもつことがありますので、一般論により反発を避けながら、その情報を伝えなければなりません。

2.潜在ニーズを喚起する

ただ、情報を知っただけでは、その人の生命保険やライフプランに何の変化も生まれません。相手の不安や潜在ニーズを掘り起こし、確認するという行動につなげていくことが重要です。

3.信頼を築く

ファーストアプローチ は、相手の中にあるかもしれない生命保険や生命保険営業に対するマイナスイメージを超え、相手からの信頼を得るための最初のプロセスでもあります。「この人は、人として、さらにはプロとして信頼できる」このような信頼があってこそ、相手は安心して次のステップに進んでいくのです。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-2

    高齢者・働く女性向け活力

    明治安田生命保険の根岸秋男社長が1日、朝日新聞のインタビューに応じ、高齢者と働く女性向けの商品開発に…
  2. 2017-5-9

    トップは語る ひまわり生命

    ~ ​利益と保有契約 20年代早期に倍増 ~ 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険社長 高橋 薫さ…
  3. 2017-10-17

    生保大手、システム投資 資産運用高度化下支え 外債・内外株 利回り確保

    資産運用の高度化・多様化を推進するため、大手生命保険各社は相次ぎシステム投資に乗り出す。 日本生命…
  4. 2017-3-23

    著者登場 『50歳からの出直し大作戦』 ライフネット生命保険会長 出口治明氏

    新たな出会い待つ 人生の黄金期 人生の黄金期、いい言葉ですね。寿命の延びとともに、人生の黄金期も後…
  5. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る