• このエントリーをはてなブックマークに追加

2.ファクトファインディングの目的  ①話の聞き方5つのレベル

ためしに・・・話し手と聞き手を決めて、話し手は、最近関心があることを60秒間話してください。

聞き手は、「無反応」で聴いてください。

聞き手の方は心苦しいかもしれませんが相槌もせず、相手の目もみないでください。

・・・60秒で終了です。

スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか。60秒耐えられましたか

聞き手の方も、わざと無視するのは大変だったかもしれませんが、話し手の方はもっと大変だったのではないのでしょうか。

聞いてくれているのか不安だったかと思います。

話し手と聴き手を交代してみましょう。

今度は、聴き手の方は相槌、視線を合わせるなど、十分に反応しながら聴いてください。

少し大げさに、反応してみてください。

・・・60秒で終了です!

いかがでしたでしょうか。話し手の方は、先ほどとは違って非常に話やすかったのではないでしょうか。

自分の話をしっかり聞いてくれているな。話していて非常に楽しかったかと思います。場の盛り上がり方が全然違うと思います。

スポンサーリンク


話の聞き方5つのレベル

「話の聞き方」にはレベルがあります。

普段、お客さまとの商談中、どのレベルにいるでしょうか。

レベル1「無視をする」

これは絶対にないですよね。

レベル2「聞く振りをする」

例えばですが・・・家にいるときに家族がずーっとなにか話してきます。「はいはい」と返事はしていますが、何を話しているかは全く覚えていません。 これが聞く振りです。これも商談中にはないかと思います。

レベル3「選択的に聞く」

商談中、自分の提案を有利に進めようと考え、お客さまの話のパーツのみ聞いていたりしないでしょうか。

レベル4「注意して聞く」

こちらも同様で、レベル1からレベル4までは、自分の見地に立って聞いているということです。

生命保険営業に求められる聞き方は、レベル5のお客さまとの商談中は、「感情移入の傾聴」をするということです。

つまり相手の見地に立って聴くということが重要です。どんな気持ち・想いでいるのかを考え、「相手の見地に立って聴く」ことでお客さまは話をしやすくなりますし、さらに話したくなります。

会話を支配しているのは、話し手ではなく聴き手です。聴き手の聴き方一つで、話は盛り上がります。つまりコミュニーケションでは聴くことが大切なんです。良い営業パーソンは「聴き上手」です。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-26

    2017 新トップに聞く Q「第3分野」競争どう対応 アフラック古出真敏 収入保障保険 柱の一つに

    ​​市場のニーズをくみ取り、差別化した商品を出せるかどうかが競争を勝ち抜くために重要だ。 収入…
  2. 2017-8-7

    顧客のリスクオフ傾向強く 第一フロンティア生命保険社長 川島貴志氏 外貨建て定額保険の販売が好調

    ​第一フロンティア生命社長の川島氏は、マイナス金利政策の導入後に日本の長期金利が低下したのを機に外貨…
  3. 2017-11-6

    三井住友海上あいおい生命 就労不能保険好調 年間販売目標半年で達成

    ​三井住友海上あいおい生命が4月に発売した、就労不能保険「&LIFE」の販売が好調だ。 9月末時点…
  4. 2018-5-31

    保険の銀行窓販、曲がり角、5大銀、昨年度1割減、貯蓄性商品乏しく

    銀行による保険や投資信託の窓口販売が曲がり角にさしかかっている。 保険窓販は銀行大手5グループの合…
  5. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る