• このエントリーをはてなブックマークに追加

2.ファクトファインディングの目的  ①話の聞き方5つのレベル

ためしに・・・話し手と聞き手を決めて、話し手は、最近関心があることを60秒間話してください。

聞き手は、「無反応」で聴いてください。

聞き手の方は心苦しいかもしれませんが相槌もせず、相手の目もみないでください。

・・・60秒で終了です。

スポンサーリンク


いかがでしたでしょうか。60秒耐えられましたか

聞き手の方も、わざと無視するのは大変だったかもしれませんが、話し手の方はもっと大変だったのではないのでしょうか。

聞いてくれているのか不安だったかと思います。

話し手と聴き手を交代してみましょう。

今度は、聴き手の方は相槌、視線を合わせるなど、十分に反応しながら聴いてください。

少し大げさに、反応してみてください。

・・・60秒で終了です!

いかがでしたでしょうか。話し手の方は、先ほどとは違って非常に話やすかったのではないでしょうか。

自分の話をしっかり聞いてくれているな。話していて非常に楽しかったかと思います。場の盛り上がり方が全然違うと思います。

スポンサーリンク


話の聞き方5つのレベル

「話の聞き方」にはレベルがあります。

普段、お客さまとの商談中、どのレベルにいるでしょうか。

レベル1「無視をする」

これは絶対にないですよね。

レベル2「聞く振りをする」

例えばですが・・・家にいるときに家族がずーっとなにか話してきます。「はいはい」と返事はしていますが、何を話しているかは全く覚えていません。 これが聞く振りです。これも商談中にはないかと思います。

レベル3「選択的に聞く」

商談中、自分の提案を有利に進めようと考え、お客さまの話のパーツのみ聞いていたりしないでしょうか。

レベル4「注意して聞く」

こちらも同様で、レベル1からレベル4までは、自分の見地に立って聞いているということです。

生命保険営業に求められる聞き方は、レベル5のお客さまとの商談中は、「感情移入の傾聴」をするということです。

つまり相手の見地に立って聴くということが重要です。どんな気持ち・想いでいるのかを考え、「相手の見地に立って聴く」ことでお客さまは話をしやすくなりますし、さらに話したくなります。

会話を支配しているのは、話し手ではなく聴き手です。聴き手の聴き方一つで、話は盛り上がります。つまりコミュニーケションでは聴くことが大切なんです。良い営業パーソンは「聴き上手」です。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-12-11

    第一生命、企業年金向けに高収益商品

    「特別勘定特約 第3総合口」 企業が将来の年金額を社員に約束する「確定給付企業年金」…
  2. 2018-7-31

    認知症保険に大手損保参入 高齢化で市場拡大見込む

    東京海上日動火災保険は、シニア層に人気のある「認知症保険」に新たに参入する。 損保ジャパン日本興亜…
  3. 2018-12-13

    運動すれば保険料が割引? 住友生命社長・橋本雅博氏

      健康増進、社会全体にメリット 毎日運動すれば保険料が安くなる――。住友生命保険はこんな保険商品「…
  4. 2017-4-17

    個人保険で増配方針(明治安田と富国)

    ​明治安田生命保険と富国生命保険が個人保険で契約者配当を増やす方針を固めた。 ​明治安田は2年ぶり…
  5. 2018-1-24

    日生社長に清水氏 筒井社長、会長就任へ 4月1日付

    日本生命は、筒井信義社長(63)の後任に清水博取締役専務執行役員(56)が昇格するトップ人事を固めた…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る