• このエントリーをはてなブックマークに追加

5.紹介  ①紹介でマーケットを無限に拡げる

1人の見込客からご契約をいただくと、その分見込客1人減ります。そこで契約をいただいた方から1人の紹介をいただくことができれば見込客は減りません。

スポンサーリンク


つまり契約をいただくプロセスの中で、常に紹介をいただくことができれば見込客は永遠に途切れることがないということになります。

「紹介先」のために

紹介は、あくまでもお客さまのほうのメリットがなければいけません。私たちのビジネス拡大はあくまでも結果論で、実は、紹介は、紹介者が紹介先のために行うものなのです。

お客さまが、あなたを紹介することで、自分の知り合いが喜んでくれるという判断をしてもらえるかどうかが鍵です。

私たちを活用するメリットは、生命保険の関わる情報や知識が豊富だということです。そして、「何のために」この仕事をしているのかという情熱と責任感に共感を覚えて紹介にいたるのです。

私たち生命保険営業は先ず紹介先に生命保険の重要性を伝える役目をお客さまに代わっておこなうということなのです。

紹介をいただくためのポイント

見込客の期待を遥かに上回る水準で仕事をすることです。見込み客が感動を覚えて始めて紹介につながります。

モラルやビジネスマナーは当然ですが、人とは違う見込客の記憶に残るような対応をする必要があります。

生命保険営業の紹介は、ストレスになることもあります。商品は高額ですし、加入できない場合もあります。

紹介に圧力が掛ければ、紹介先が困ってしまいます。紹介者と紹介先にストレスがかからないようにすることが大事です。

それでも紹介先は、より具体的な紹介でないと結果に結びつきません。

私たちの情報を必要としている人を、しっかり見つけ出すようにしましょう。

紹介には、方法やルールがあります。紹介の仕方を教えてことも重要です。

そして紹介をすることで、紹介先が喜び、感謝されるという好循環につながるような、紹介を心がけてください。

スポンサーリンク


紹介をすることが得意で好きだという人に出会うこともあります。

紹介依頼をしないと逆に気分を害すこともありますので、無用な遠慮はしてはいけません。

面倒見が良い人、世話焼きな人、オピニオンリーダーなどに多いのですが、その広い人脈の中からたくさん紹介をいただくようにしましょう。

紹介とは、紹介活動のことです。

通常の営業活動の中のひとつですから、あれこれ考えず、自分の営業やスタイルやマーケットに合わせどんどん実施してください。

具体的に動けば、成果につながります。

・出会う人全てに仕事内容を伝えて紹介を依頼する

・後輩等に自分の権威・地位等を利用して紹介を依頼する

・一生付き合うような親しい方の紹介を依頼する

・周囲から自然発生的に紹介が出る

紹介の鉄則は、営業サイクルの全てのステップにおいて、そして全ての人に依頼することです。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-28

    日生、ニチイ学館との折半出資会社 完全子会社化

    日本生命保険は27日、ニチイ学館グループと折半出資するライフケアパートナーズについて、ニチイ学館グル…
  2. 2017-3-8

    日本における介護の実態

    介護の現状を見る中で、どのようなリスクやニーズがあるのか、考えて見たいと思います。 要介護、要支援…
  3. 2017-8-16

    MS&AD、豪生保に出資 生損保、続々豪へ進出

    ​MS&ADインシュアランスホールディングス(HD)は15日、オーストラリア大手生命保険チャ…
  4. 2017-5-19

    既婚者の小遣い、過去最低の2.5万円

    ​明治安田生命保険が18日までにまとめた家計に関するアンケートによると、既婚者の小遣いは月平均で2万…
  5. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る