初心者のための「マネーセミナー」 ①はじめに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マネーセミナーの内容は、5つのパートに別れていますが、まず最初は、お金の基本について学んでいきます。

私たちにはこれからたくさんのライフイベントがあります。いつ、いくら、どんな事にお金が必要か、というのを確認していきましょう。

スポンサーリンク


そして、それに対して、お金の整理の仕方というのを学んでいきます。

二番目は、その色々なイベントのために、お金を殖やしていく方法というのを考えます。

色々なお金を殖やす運用の基本や、皆さんに味方につけていただきたいものがありますので、そういったところをお話をしていきます。

三番目は、収入というのは限られていますので、その中から殖やすお金というのを作り出していく方法、色々な見直しなども効果的ですので、そういったお話をしていきます。

四番目は、このように考えてきて、「じゃあ殖やそう!」と思って殖やしたお金を、突然病気になったり、何か大きな出来事で減らさなきゃいけないというようなこともこの先の人生あるかもしれませんので、そういった時にもしっかりと皆さんのお金を守る方法を、こちらで勉強していきましょう。

①お金の基本・・・まずは一生のうちでいくらお金がかかるか、収入の使い道、お金の整理などの基本を学びましょう。

②お金の殖やしかた・・・①で考えた必要なお金を準備する方法を考えましょう。

③お金のつくりかた・・・②を実行するために、限られた収入から財源を確保しましょう。

④お金のまもりかた・・・せっかく殖やそうとしているお金を、病気やけが・災害で失わない方法を考えましょう。

女性には、どのぐらいのお金が必要になるでしょうか。

まず、結婚・出産・お子さんの教育というように色々あります。

だいたいですが、結婚費用は450万円くらいですし、出産前後の費用は助成金を差し引くと平均25万円くらいと言われています。

スポンサーリンク


そして、お子さんを幼稚園から大学までというと、一人当たり1,100万ぐらい。

この他、家を買ったり、家族やご主人と旅行に行ったりということで、色々とお金が掛かります。

また老後の生活費は、夫婦二人が60歳から80歳までの20年間、月30万で生活しようと思うと、なんと7,200万円もかかるんです。

老後の準備をしっかり始めているという方は少ないのではないかと思いますが、非常に大きな金額ですので、老後資金についてもじっくり考えてみたいと思います。

収入を得た時の使い道、何か意識して考えてますか?

よく「バランスが大切」というような言葉を聞きますよね。

私たちのライフプランやマネープランというのも、バランスは非常に重要になります。

まず、『ふやす』というところ。

教育・出産・老後・住宅購入などがあり、そこに向けてお金を殖やしていかなくてはなりませんので、非常に重要なポイントになります。

そして『ふやす』の他は、『つかう』。

もちろん、使わないと楽しくありません。

でも使うお金を準備したり、また殖やすお金を準備するためにも、ここの部分は上手に考えていかなくてはなりません。

そして、最後が『まもる』というところですが、

先ほど言ったように『つかう』ためにも、『ふやす』ためにも、自分の身体も、お金も守っていかなくてはなりませんので、

この3つのバランスというのを上手に考えていかなくてはなりません。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-9

    廃業予備軍127万社

    廃業予備軍127万社。これは経営者が60歳以上で、後継者のいない中小企業の数です。 毎年3万社が後…
  2. 2017-5-19

    大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

    大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサル…
  3. 2017-4-27

    トップは語る 三井住友海上プライマリー生命保険社長

    ​~ 外貨建て商品販売でトップ目指す ~ 三井住友海上プライマリー生命保険社長 永井 泰浩さん(5…
  4. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…
  5. 2017-3-10

    改正道交法12日施行 3氏座談会 高齢者の運転支援

    車の暴走や逆走など、高齢ドライバーによる事故多発に対応するため、改正道路交通法が今月12日に施行され…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る