• このエントリーをはてなブックマークに追加

法人保険はなぜ必要なのか?

経営者

・一時に現金が必要になり、経営を圧迫しかねない。
・勇退、死亡退職金・慰労金が払えない
・相続税資金がなく会社をたたむ。最悪、人手に渡る。

スポンサーリンク


・買掛金の早期支払、支払手形の現金払い
・金融機関より返済を迫られる(短期、長期)等

従業員

・従業員の(定着)とモラルアップ、(人的資源)の確保に
・福利厚生の充実に
・従業員や家族が不安なく働き、生活できる等

企業・法人市場のニーズは?

経営者のニーズ(対策資金)

 ①事業保障対策資金
 ②経営者の(勇退・死亡)退職金、弔慰金対策資金

スポンサーリンク


 ③事業承継(相続)対策資金
 ④経営者個人の保険
 ⑤税負担軽減

企業福利厚生ニーズ

①企業保障分野

 企業が従業員の福利厚生や企業の自己防衛のために利用する保険
 大きく分けて「団体保険」と「事業保険」があります
 ・団体保険・・・「団体定期保険」 保険期間が1年で掛捨て保険
 ・事業保険・・・「福利厚生保険」「退職金保険」「経営者保険」
 従業員数が団体保険の最低人数に満たない小企業では 個人保険が団体保険に代わって利用されていることがあります。

②個人保障分野

 企業に属する個人が自己の責任において利用する保険
 いわゆる「職域保険」
 ・個々の従業員が加入
 ・保険契約を職域で保険料天引き
 ・団体扱い(口座振替扱いより若干保険料が安くなる)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-12

    かんぽ保険金 審査にAI活用

    ​かんぽ生命保険は11日、入院、手術などに応じた保険金の審査に、日本IBMの人口知能(AI)「ワトソ…
  2. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  3. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  4. 2017-2-24

    ①プレゼンテーション・クロージングの目的

    営業サイクルにおけるプレゼンテーション・クロージングについて ファクトファインディング(FF)で聴…
  5. 2018-12-14

    日本郵政、米アフラックに3000億円出資へ

      ​日本郵政は米保険大手のアフラック・インコーポレーテッドに約3000億円を出資する方針を固めた。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る