• このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは、法人のニーズをしっかり把握しないといけません。

そうしないと何のための生命保険に加入するのか、目的が明確な心に刺さる提案をすることはできません。

スポンサーリンク


ニーズは法人により千差万別で、変化するものですが、法人がライフサイクルのどの段階にあるかがわかれば、ニーズが予測できるようになります。この部分が個人保険と違うところかも知れません。

「何のために生命保険に加入するのか」は、法人が生命保険に加入する「目的」といわれています。

目的により、法人が受け取った保険金や解約払戻金をどのように使うのかが変わります。

法人契約で扱われる商品

・商品としては定期保険特約付終身保険がまだ多い。
・GNN・GNPとよく言われる、義理・人情・浪花節  もしくはプレゼントで加入した。(企業にとっては重要)
・会社がらみの仕事でお付合い保険での加入も多い。(企業にとってはすごく重要)

スポンサーリンク


他の商品として(現在は下記の商品が主流)

・長期平準定期保険
・低解約払戻定期保険
・終身保険
・低解約払戻金型終身保険
・定期保険、養老保険
・医療保険・がん保険
・生損保組合せ商品等
・従業員の(福利厚生)プラン
  (定期保険+医療保険)と、がん保険
・退職金プラン(全員加入の養老保険)
・商工会議所の共済
・各種法人会プラン等や(中小企業退職金制度)を
   (中退金)利用の企業があります

中退金等の制度は税制の優遇があります。退職金は原則従業員に直接支払われます。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  2. 2017-3-24

    ネット銀、リアルへ 住信SBIやじぶん銀 金利で差別化難しく

    住信SBIネット銀行などインターネット専業の銀行が「脱ネット」へ動き始めた。 コストを徹底して抑え…
  3. 2018-10-2

    円建て貯蓄保険 地銀で販売再開 日本生命

    日本生命保険は10月から円建ての貯蓄性保険の取り扱いを地方銀行など24行で再開する。 低金利による…
  4. 2018-6-5

    生保 豪を収益源に 大同生命、現地企業に出資 日生・第一、海外戦略の中核

    日本の生命保険各社がオーストラリアに熱視線を送っている。 T&Dホールディングス傘下の大同生命保険…
  5. 2017-4-20

    高齢者向け電話対応向上

    チューリッヒ保険は高齢顧客向けサービス強化のためe-ラーニング研修を5月に始める。​ ライフスタイ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る