• このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは、法人のニーズをしっかり把握しないといけません。

そうしないと何のための生命保険に加入するのか、目的が明確な心に刺さる提案をすることはできません。

スポンサーリンク


ニーズは法人により千差万別で、変化するものですが、法人がライフサイクルのどの段階にあるかがわかれば、ニーズが予測できるようになります。この部分が個人保険と違うところかも知れません。

「何のために生命保険に加入するのか」は、法人が生命保険に加入する「目的」といわれています。

目的により、法人が受け取った保険金や解約払戻金をどのように使うのかが変わります。

法人契約で扱われる商品

・商品としては定期保険特約付終身保険がまだ多い。
・GNN・GNPとよく言われる、義理・人情・浪花節  もしくはプレゼントで加入した。(企業にとっては重要)
・会社がらみの仕事でお付合い保険での加入も多い。(企業にとってはすごく重要)

スポンサーリンク


他の商品として(現在は下記の商品が主流)

・長期平準定期保険
・低解約払戻定期保険
・終身保険
・低解約払戻金型終身保険
・定期保険、養老保険
・医療保険・がん保険
・生損保組合せ商品等
・従業員の(福利厚生)プラン
  (定期保険+医療保険)と、がん保険
・退職金プラン(全員加入の養老保険)
・商工会議所の共済
・各種法人会プラン等や(中小企業退職金制度)を
   (中退金)利用の企業があります

中退金等の制度は税制の優遇があります。退職金は原則従業員に直接支払われます。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-26

    ふるさと納税で、税制優遇メリットを活用しませんか?

    資産を形成するにあたって、支出を減らして手元に残るお金を増やすことは重要な要素です。 その支出の中…
  2. 2017-3-6

    女性リーダー、20代に磨く、未来像、上司と共有、出産前に重要事業

    意欲的に働き続ける女性を育てるため、初期キャリアへの働きかけを重視する企業が増えてきた。 20代の…
  3. 2018-5-31

    日生、代理店向け新会社 保険商品の供給専門に

    日本生命保険は24日、保険の販売代理店に生命保険商品を供給する新たな生保会社の準備会社「ニッセイ生保…
  4. 2017-4-5

    東京海上日動火災保険社長の北沢利文さん 健康経営

    「少子高齢化で働き手が減り採用も難しくなる。 労働力減少という切実な社会的課題が顕在化する」と強い…
  5. 2017-2-28

    1.見込客づくり

    ポイントは、ともかく自分が出会う全ての人が見込客であるという認識を持つことが重要です。 保険の仕事…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る