• このエントリーをはてなブックマークに追加

生前贈与を行う場合の留意点①  遺留分について

民法では、相続人が相続できる最低限の財産の割合が定められています。

これを「遺留分」といい、遺言の内容より優先される強い効力を持っています。

スポンサーリンク


遺留分は、被相続人の配偶者、直系尊属(父母・祖父母など)に対して認められており、兄弟姉妹にはありません。

「特別受益」とは、被相続人が相続人に対して生前に贈与(たとえば、「父⇒ 子への贈与」)した財産は、「将来に相続する財産の前渡し分」として扱われ「特別受益」と呼ばれています。民法では、遺産分割の際、「特別受益」に該当する財産の価額を、遺産分割の対象財産に持戻し(加算)するように定められています。

生前贈与を行う場合の留意点②  相続開始前の贈与の取扱いについて

相続開始前3年以内に相続人に生前贈与された財産は、相続財産に含まれます。

※ 基礎控除額(110万円)以下であっても相続財産に加算する必要があります。

贈与の事実の明確化

・贈与契約書を作成し保管する

・贈与を行うたびに贈与契約者を作成し保管する。

・贈与した証拠を残す

・現金を贈与する場合に預金口座を通じて送金を行う。

・贈与財産を管理する

通帳や印鑑は受贈者が管理し、いわゆる“名義預金” とならないよう留意する。

スポンサーリンク


「名義預金」とは、たとえば、父が子に内緒で、子の名義の口座を開設・貯蓄している預金は、たとえ口座名義が子であったとしても父の財産としてみなされます。このような預金を「名義預金」といい、税務調査でも問題とされています。

生前贈与を行う場合の留意点③  定期贈与に留意する。

毎年同時期・同内容の贈与の場合、“定期贈与” とみなされる可能性があります。

「定期贈与」とは、たとえば、10年間に毎年100万円ずつを贈与した場合、「1,000万円の贈与を10年に分割して行った」とみなされる可能性があります。

これを「定期贈与」といい、この場合、合計額の1,000万円に対して一括で贈与税が課税されます。

贈与税の申告・納付を行う

1年間の贈与金額が基礎控除額(110万円)を超える場合は、贈与税の申告・納付を行い申告書(控)を保管しておく。

※ 贈与税の申告・納付をしていても、それだけで贈与事実があるという判定はされません。必ず贈与契約書の作成が必要となります。

国税庁 ↓

相続税や贈与税に関する特集ページ(「相続税・贈与税・事業承継税制関連情報」)を見る

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-31

    第55回中学生作文コンクール入賞者決定

    文部科学大臣賞、全日本中学校長会賞等の受賞者を招き、表彰式を開催 このコンクールは文部科学省、金融…
  2. 2017-10-11

    11月8日はレントゲンの日

    X線は、1895年ドイツの物理学者 ヴィルヘルム・レントゲン博士により偶然発見されました。 真空管…
  3. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  4. 2017-3-13

    ​サービス産業型のマネジメント:とがった個性を生かして(ライフネット生命 出口社長)

    マネジメントに求められるのは、部下の適性と能力を見極め、得意とする仕事をやらせることだ。 適性を欠…
  5. 2017-3-10

    手間をかける

    紹介をたくさんもらえる人の特徴は、「彼は頼りになる」といった紹介をされる人です。 信頼されている…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る