• このエントリーをはてなブックマークに追加

1.相続発生直後の資金について

被相続人が葬儀費用やお墓にかかる費用を生前から準備していても、それが預貯金であればすぐには使えない可能性があります。

スポンサーリンク


「相続発生直後に必要な資金」を確保する方法として、生命保険を活用できます。

2.遺産分割に備える資金について

土地・建物の不動産など分割することが困難な財産が多い場合には、遺産分割に備える資金を確保する方法として、生命保険の活用が考えられます。

たとえば、1人の相続人がいったん、自宅を含むすべての財産を相続し、他の相続人にはそれに代わる代償交付金を渡すことで争い事を防止する効果も期待できます。

3.相続税の納税資金について

相続税の納付は現金による一括納付であり、申告・納付の期限は相続発生後(相続の発生を知った翌日から)10か月以内です。

スポンサーリンク


相続財産がすぐに換金できる資産であれば売却して納付も可能ですが、不動産・未上場株式など換金が困難な資産が多い場合には、

「相続税の納税資金」を確保する方法として生命保険の活用が考えられます。

4.生前贈与を利用した生命保険の活用例

被相続人の生前のうちに財産を贈与して相続人が納税できるように生命保険を活用することもできます。受贈者(もらう人)1人につき

年間110万円までは基礎控除があるため、贈与税はかかりません。贈与された資金を活用して、贈与した「父」を被保険者とした生命保険に加入することで、相続税の「納税資金」を事前に準備することが可能となります。

国税庁 ↓

相続税や贈与税に関する特集ページ(「相続税・贈与税・事業承継税制関連情報」)を見る

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-4

    日生 海外幹部3倍計画

    ​日本生命保険は、海外グループ会社の経営を担える人材の育成を強化する。 2030年までに現地ビジネ…
  2. 2017-8-3

    ”長生きするほど得する保険”10月投入 かんぽ、品ぞろえ拡充

    かんぽ生命保険の植平光彦社長は日刊工業新聞のインタビューに応じ、同社初となるトンチン型保険を10月に…
  3. 2018-8-3

    介護・医療 利用者負担こう変わる 高額療養費制度 見直し

    医療費の自己負担に上限を設ける高額療養費制度。 医療の高度化で、年齢を重ねるほど1人当たりの医療費…
  4. 2018-12-4

    ネットでお薦めの保険助言 三菱」UFJ地銀に提供

    「ロボアドバイザー(ロボアド)?」 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、顧客がネット…
  5. 2018-9-28

    SBIインシュアランス マザーズ上場、初値2160円

    SBIインシュアランスグループ東証マザーズに上場 SBIホールディングスの連結子会社であるSBIイ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る