1.相続および相続税法改正の背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税制改正の背景①

■ 相続税および贈与税の税制改正(平成27年1月1日施行)

平成27年1月1日から、相続税および贈与税の一部が改正されました。多くの方が、「今回の改正で増税になった・・・」と思われるかもしれませんが、改正にいたる背景をおさらいしましょう。

スポンサーリンク


◆公示地価・・・平成3年199.3 ⇒ 平成27年82.6(全国平均)

◆基礎控除・・・平成4年改正「4,800万円+(950万円×法定相続人数)」

◆基礎控除・・・平成6年改正「5,000万円+(1,000万円×法定相続人数)」

平成27年改正「3,000万円+(600万円×法定相続人数)」

平成3年と平成27年の公示地価を比較すると、半分以下に下がっています。しかし、相続税の基礎控除額は今回の改正まで据え置かれていました。そのため、相続税を納税する人が少なくなり、相続税の総額も減りました。

スポンサーリンク


大都市圏の一部の人気地区を除き、今後地価が大きく上昇する見込みは少なく、相続税の税収がますます減少することが予想されていました。今回の税制改正のねらいは、本来あるべき相続税の状態に戻し、相続税の税収を増やすことといえます。

税制改正の背景②

■ 相続税の課税割合および相続税・贈与税収の推移

課税件数割合、相続税収ともに、過去20年あまり減少傾向にあります。

税制改正の背景③

■ 地価公示指数の推移と相続税の改正

全国の公示地価のピークは平成3年の199.3ですが、それ以降、ほぼ一貫して低下し、平成27年には82.6と半分以下になりました。

国税庁 ↓

相続税や贈与税に関する特集ページ(「相続税・贈与税・事業承継税制関連情報」)を見る

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  2. 2017-2-21

    7.活動は習慣化が大切

    活動は習慣化が大切。そうは言っても、自分で決めたことでも、なかなか活動が習慣化できないんだよという人…
  3. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  4. 2017-2-21

    5.生命保険はニーズ販売商品

    購買者心理によれば、日用雑貨のように必要があって購入するものは、比較販売商品といいます。 例えばト…
  5. 2017-4-10

    生保、外貨建てに活路

    ​大手生命保険が外貨建て保険の販売に力を入れている。 ​住友生命保険は月内に最長10年間、払い込ん…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る