1.相続および相続税法改正の背景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税制改正の背景①

■ 相続税および贈与税の税制改正(平成27年1月1日施行)

平成27年1月1日から、相続税および贈与税の一部が改正されました。多くの方が、「今回の改正で増税になった・・・」と思われるかもしれませんが、改正にいたる背景をおさらいしましょう。

スポンサーリンク


◆公示地価・・・平成3年199.3 ⇒ 平成27年82.6(全国平均)

◆基礎控除・・・平成4年改正「4,800万円+(950万円×法定相続人数)」

◆基礎控除・・・平成6年改正「5,000万円+(1,000万円×法定相続人数)」

平成27年改正「3,000万円+(600万円×法定相続人数)」

平成3年と平成27年の公示地価を比較すると、半分以下に下がっています。しかし、相続税の基礎控除額は今回の改正まで据え置かれていました。そのため、相続税を納税する人が少なくなり、相続税の総額も減りました。

スポンサーリンク


大都市圏の一部の人気地区を除き、今後地価が大きく上昇する見込みは少なく、相続税の税収がますます減少することが予想されていました。今回の税制改正のねらいは、本来あるべき相続税の状態に戻し、相続税の税収を増やすことといえます。

税制改正の背景②

■ 相続税の課税割合および相続税・贈与税収の推移

課税件数割合、相続税収ともに、過去20年あまり減少傾向にあります。

税制改正の背景③

■ 地価公示指数の推移と相続税の改正

全国の公示地価のピークは平成3年の199.3ですが、それ以降、ほぼ一貫して低下し、平成27年には82.6と半分以下になりました。

国税庁 ↓

相続税や贈与税に関する特集ページ(「相続税・贈与税・事業承継税制関連情報」)を見る

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-1

    アナログ結構!反逆の思考術

    反逆の思考術 あなたが今やっている仕事は、本当にやりたい職業か? 今のままでいいと思っている…
  2. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…
  3. 2017-4-11

    介護休業中の給与補償 三井住友海上 下旬に新型保険

    三井住友海上火災保険は介護に伴って給与が減ったり、無給になったりした際に所得を補償する保険を4月下旬…
  4. 2017-2-21

    3.結果主義

    結果主義は目標の達成が100%ありきから逆算して、ダンドリし、行動を組み立て、最後まで結果にこだわる…
  5. 2017-7-10

    長寿化 変わる保険(来春にも料率改定)

    ​今や人生80年とも90年ともいわれる長寿社会となった。 それを受け、生命保険各社は来春にも保険…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る