2.相続税法の改正事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相続税法の改正事項①

相続税法の改正(平成27年1月1日から施行)

相続税法の改正事項②

「遺産にかかる基礎控除額」が引下げになりました。

スポンサーリンク


今まで相続税の負担がかからなかった方も・・・相続財産合計が6,000万円とすると

基礎控除額  8,000万円(5,000万円+1,000万円×3人)= 0円

今後は    

基礎控除額  4,800万円(3,000万円+600万円×3人) =1,200万円

基礎控除を引いても相続税がかかってくることに・・・。

相続税法の改正事項③

「相続税の税率」がアップしました。

相続税法の改正事項④

「未成年控除・障害者控除」の控除額が拡大しました。

相続税法の改正事項⑤

「小規模宅地等の特例」の対象が拡大しました。

スポンサーリンク


親と離れて、お子さまご自身が持家をお持ちの場合は? 小規模宅地等の特例が受けられません。同居していない親族が小規模宅地の特例をうけるには、相続開始前に持家がなく、相続税の申告期限まで相続した宅地を所有するなど、いくつかの条件があります。

適用を受けられない場合は、納税額に大きな影響がありますので事前に条件を確認されることをおススメいたします。

<では、持家を売却して賃貸にすれば・・・というお考えの方はご注意>

相続開始前3年以内に日本国内にあるお子さま所有の家屋に居住、または、お子さまの配偶者が所有する家屋に居住したことがないことも特例適用を受ける条件となりますので注意が必要です!一緒に住んでいないと相続税が違ってくるので注意が必要ですね。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-23

    8月に外貨建て保険 明治安田生命

    明治安田生命保険は22日、同社初となる外貨建て保険を8月に発売すると発表した。 米ドル建て一時払い…
  2. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…
  3. 2017-5-24

    アマゾンキンドル本 新刊発売!生命保険販売を成功に導く「営業の王道」3部作シリーズ

    「勝者の選択 ニーズコンサルティングセールス」 基本的なコンサルティングセールスでは、お客さまの不…
  4. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  5. 2017-2-24

    ③ファクトファインディング時のポイント

    1.事情聴取のようにならないようにする 例えば、収入について聞き取る場面で、こんな聴き方をする人は…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る