• このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策と生命保険の活用について再確認してみましょう。

相続対策は大きく分けると2つに分けられます。

1つめは税金対策で、2つめは遺産分割対策です。

税金対策はさらに「税負担軽減」「生前贈与」「納税資金準備」と対策方法がわかれます。

生命保険は3つの相続税対策すべてに活用できると言われています。

スポンサーリンク


納税資金準備対策は、まずは納税額の早めの試算が一番です。

いつまでに・いくら納税資金を準備しようと目安になるので、その試算を踏まえたうえで、生命保険の提案を行うと話がスムーズにまとまります。

<生命保険が活用できる理由>

税負担軽減対策・・・受取保険金の非課税(500万円×法定相続人の数)がある。

生前贈与対策・・・資産(現金)を贈与しっぱなしではなく、その受け皿商品として生命保険が活用できる。

納税資金準備対策・・・納税額分を生命保険金で準備できる。

遺産分割対策にも生命保険は活用できます。

特に、保険金は現金として受け取れるスピードが早いです。

本来の相続財産(預金等)は遺産分割協議を経ないと受け取れませんが、保険金は所定の書類提出だけで受け取れるので、現金化という点で有利です。

受け取った保険金は、「遺留分対策」「代償分割対策」に有効です。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-20

    ミャンマーに駐在員事務所 日生

    日本生命保険は19日、ミャンマーに駐在員事務所を設立すると発表した。 ​シンガポールの現地法人を通…
  2. 2017-11-28

    保険はあくまでパーツ

    保険はあくまでパーツ、お客様が真に求めているのは安心です。 ・ライフプランニングは重要だと思うがや…
  3. 2017-5-8

    かんぽ”標準”勝ち取る

    日本郵政グループのかんぽ生命保険が米IBMの認知型コンピュータシステム「ワトソン」の本格運用を開始し…
  4. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…
  5. 2017-12-6

    早帰り 半数近くが「困る」 朝日生命調査 「満足な仕事できない」「残業代減」

    ​働き方改革で早く帰宅する傾向が強まる中、「仕事が満足にできない」「収入が減る」などで半数近くの人が…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る