• このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策と生命保険の活用について再確認してみましょう。

相続対策は大きく分けると2つに分けられます。

1つめは税金対策で、2つめは遺産分割対策です。

税金対策はさらに「税負担軽減」「生前贈与」「納税資金準備」と対策方法がわかれます。

生命保険は3つの相続税対策すべてに活用できると言われています。

スポンサーリンク


納税資金準備対策は、まずは納税額の早めの試算が一番です。

いつまでに・いくら納税資金を準備しようと目安になるので、その試算を踏まえたうえで、生命保険の提案を行うと話がスムーズにまとまります。

<生命保険が活用できる理由>

税負担軽減対策・・・受取保険金の非課税(500万円×法定相続人の数)がある。

生前贈与対策・・・資産(現金)を贈与しっぱなしではなく、その受け皿商品として生命保険が活用できる。

納税資金準備対策・・・納税額分を生命保険金で準備できる。

遺産分割対策にも生命保険は活用できます。

特に、保険金は現金として受け取れるスピードが早いです。

本来の相続財産(預金等)は遺産分割協議を経ないと受け取れませんが、保険金は所定の書類提出だけで受け取れるので、現金化という点で有利です。

受け取った保険金は、「遺留分対策」「代償分割対策」に有効です。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-20

    保険金の請求メールで促す

    三井住友海上火災保険が、保険金の支払いが発生しそうな加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「L…
  2. 2018-3-26

    健康寿命延伸に貢献を~第一生命保険「ジャスト」~

    第一生命保険は生命保険業界で初めて、保険の契約時に健康診断書を提出するだけで保険料を割り引く商品を発…
  3. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  4. 2017-3-3

    3.お金の増やし方・使い方・守り方

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  5. 2017-2-22

    7.法人の契約に「年金支払特約」を付加されていらっしゃいますか?

    社長アプローチ話法の具体例を紹介しましょう。 お会いしたとたんに社長さんに・・・ ・お客さま…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る