• このエントリーをはてなブックマークに追加

相続対策と生命保険の活用について再確認してみましょう。

相続対策は大きく分けると2つに分けられます。

1つめは税金対策で、2つめは遺産分割対策です。

税金対策はさらに「税負担軽減」「生前贈与」「納税資金準備」と対策方法がわかれます。

生命保険は3つの相続税対策すべてに活用できると言われています。

スポンサーリンク


納税資金準備対策は、まずは納税額の早めの試算が一番です。

いつまでに・いくら納税資金を準備しようと目安になるので、その試算を踏まえたうえで、生命保険の提案を行うと話がスムーズにまとまります。

<生命保険が活用できる理由>

税負担軽減対策・・・受取保険金の非課税(500万円×法定相続人の数)がある。

生前贈与対策・・・資産(現金)を贈与しっぱなしではなく、その受け皿商品として生命保険が活用できる。

納税資金準備対策・・・納税額分を生命保険金で準備できる。

遺産分割対策にも生命保険は活用できます。

特に、保険金は現金として受け取れるスピードが早いです。

本来の相続財産(預金等)は遺産分割協議を経ないと受け取れませんが、保険金は所定の書類提出だけで受け取れるので、現金化という点で有利です。

受け取った保険金は、「遺留分対策」「代償分割対策」に有効です。

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    3.情報の価値を上げる

    もし、がんになったとしたら、まず何を望むでしょうか。 いろいろあると思いますが、がん患者は、がんを…
  2. 2017-5-12

    日生、母の日アンケート プレゼント「贈る」76%

    日本生命保険が実施した「母の日」に関するインターネットアンケートによると、「プレゼントを贈る」との回…
  3. 2018-9-18

    がん新患者101万人

    ​国立がん研究センターは15日、2018年に新たにがんと診断される人は国内で101万3600人という…
  4. 2017-2-27

    6.重要なのは情報の落差

    平成28年5月29日施行の保険業法改正によって、生命保険商品の販売において、比較説明と推奨理由を明確…
  5. 2017-2-28

    2、アポイントメント

    ここで考えなければいけないことは、「アポを取る」という一点です。 生命保険の内容など話す必要はあり…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る