顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険の根岸秋男社長

13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を通じた顧客の健康支援に意欲を示した。

--健康増進型保険の新商品の発売が来年に迫る

「万が一の備えだった保険を一歩前に進め、病気を予防、早期発見する。保険ビジネスの枠で健康を応援する。健康診断の結果をもらい、状態に応じ保険料の一部をキャッシュバックするが、商品だけではいけない。健康を絶えず意識して将来をイメージしてもらう『気付き』が必要だ」

--どのように気付いてもらうのか

「『MY健活レポート』のサービス。健康診断の結果をフィードバックし、顧客の了承を得た上で、検定を受けた営業職員が『健活サポーター』となり、食事や運動など生活習慣についてアドバイスする。保険を販売して終わりではない。健康の維持、向上にこだわる。このサービスはアフターフォローの進化形だ」

--明治安田生命が考えるアフターフォローとは

「『3階建て』と捉えている。保険金を必ず支払うのが1階。絶えず最適な保障を提供し続けるのが2階。健康増進を応援し豊かな人生を送ってもらうのが3階。営業職員の対面の力で寄り添い、お客さまの健康のため有益な情報を提供していく。商品提供で終わりではない。その思いで仕組み、仕掛けを作った」

--販売経路の多様化を進める生保もある。営業職員にこだわる理由は

「われわれは形ある物を売っているわけではなく、対面の方がお客さまに思いが届く。健康増進型保険と営業職員の相性は良い。これからそれを証明していく」

明治安田生命 みんなの健活プロジェクトのウェブページはこちら
https://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/ld/kenkatsu/

(フジサンケイビジネスアイ 2018/12/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-20

    日本生命、「ユニコーン」に100億円投資

    日本生命保険は新たな事業を創出するスタートアップ企業に100億円を投資する。 10月から開始し、今…
  2. 2018-6-7

    17年度下期の第3分野・損保窓販実績

    地域金融機関の2017年度下期の「第3分野・損保窓販実績」(回答ベース)がまとまった。 医療・がん…
  3. 2017-4-27

    生保、外債投資伸び鈍化

    国債利回りの低下を背景に膨らんできた生命保険会社による外国債券への投資にブレーキがかかりそうだ。 …
  4. 2017-7-3

    ラジオ体操コンクール

    ​かんぽ生命は「第4回全国小学校ラジオ体操コンクール」への参加チームを募集している。 ​「日ごろの…
  5. 2017-2-24

    ③ファクトファインディング時のポイント

    1.事情聴取のようにならないようにする 例えば、収入について聞き取る場面で、こんな聴き方をする人は…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る