顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険の根岸秋男社長

13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を通じた顧客の健康支援に意欲を示した。

--健康増進型保険の新商品の発売が来年に迫る

「万が一の備えだった保険を一歩前に進め、病気を予防、早期発見する。保険ビジネスの枠で健康を応援する。健康診断の結果をもらい、状態に応じ保険料の一部をキャッシュバックするが、商品だけではいけない。健康を絶えず意識して将来をイメージしてもらう『気付き』が必要だ」

--どのように気付いてもらうのか

「『MY健活レポート』のサービス。健康診断の結果をフィードバックし、顧客の了承を得た上で、検定を受けた営業職員が『健活サポーター』となり、食事や運動など生活習慣についてアドバイスする。保険を販売して終わりではない。健康の維持、向上にこだわる。このサービスはアフターフォローの進化形だ」

--明治安田生命が考えるアフターフォローとは

「『3階建て』と捉えている。保険金を必ず支払うのが1階。絶えず最適な保障を提供し続けるのが2階。健康増進を応援し豊かな人生を送ってもらうのが3階。営業職員の対面の力で寄り添い、お客さまの健康のため有益な情報を提供していく。商品提供で終わりではない。その思いで仕組み、仕掛けを作った」

--販売経路の多様化を進める生保もある。営業職員にこだわる理由は

「われわれは形ある物を売っているわけではなく、対面の方がお客さまに思いが届く。健康増進型保険と営業職員の相性は良い。これからそれを証明していく」

明治安田生命 みんなの健活プロジェクトのウェブページはこちら
https://www.meijiyasuda.co.jp/enjoy/ld/kenkatsu/

(フジサンケイビジネスアイ 2018/12/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-7-10

    外貨建て保険販売提携 住友生命・ソニー生命

    住友生命保険は、保険販売でソニー生命保険と提携する。 ソニー生命の外貨建て保険を住友生命の販売網で…
  2. 2017-5-19

    既婚者の小遣い、過去最低の2.5万円

    ​明治安田生命保険が18日までにまとめた家計に関するアンケートによると、既婚者の小遣いは月平均で2万…
  3. 2017-9-8

    第一生命 全社業務に仮想ロボット

    第一生命保険は7日、人手によるパソコン作業をコンピュータプログラムが代行するロボティックス・プロセス…
  4. 2018-3-12

    日生、認知症予防にAIスピーカー、アマゾンと組む

    ​​日本生命保険は認知症対策サービスを始める。 第1弾で月内にも、米アマゾン・ドット・コムと組…
  5. 2017-5-15

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点 実績を出すための公式は、掛け算なんです。 営業の実…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る