「デジタルに500億円」MS&AD柄沢社長が投資方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄沢康喜社長は21日までに産経新聞のインタビューに応じ、平成30~33年度にデジタル分野で500億円の新規投資を行う方針を明らかにした。

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した商品やサービスなどの開発に注力し、「新たなビジネスを創出する」考え。

​デジタル分野では、既に28~31年度に1千億円の投資を打ち出しているが、業務プロセスの効率化などが狙いだった。

これに追加する形で投資資金を捻出し、新事業創出に振り向けるのは、「飛躍的なデジタル化の進展でビジネスモデルが変わっていく」とみるからだ。

ITなど異業種は従来にない発想の商品などを生み出しており、「スタートアップとの協業や異業種との連携を通じ、デジタル技術のレベルアップを図る」と強調した。​

一方、国内の損害保険市場の成熟化を見据え、海外と国内の生命保険事業を合わせた利益の割合を現行の約3割から33年度には5割に引き上げ、収益源を分散させる方針を改めて示した。

成長を牽引(けんいん)する海外では「いい相手がいれば、M&A(企業の合併・買収)をやっていく」と語った。

29年度に1千億円超の赤字を出した英損保子会社の収益改善も課題。

6月に入って700億円の増資を行い、財務基盤を安定させたほか、収益性の低い保険の引き受け条件見直しなども進めており「30年度には黒字転換できる」と述べた。​

(産経新聞 2018/06/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-13

    医療保険、長寿化でも値上げ見送り

    医療保険が主力の保険会社の間で保険料を引き下げたり、据え置いたりする動きが相次いでいる。 死亡率の…
  2. 2018-7-31

    太陽生命、手話同時通訳サービス 保険手続き支援

    太陽生命保険は30日、保険の各種手続きや問い合わせ、加入相談などに、手話による同時通訳を8月1日から…
  3. 2017-5-8

    外貨建て保険3300億円目標 明治安田 8月から来年3月まで

    明治安田生命の根岸秋男社長は、今年8月から取扱いを始める外貨建て保険について、「2018年3月までに…
  4. 2017-10-6

    日生、米系生保買収へ 1000~2000億円 銀行窓販を強化

    日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する最終交渉に入った。 株式の過半を取得する方…
  5. 2018-11-6

    挑戦と安定 両立探る NEXT1000

    NEXT1000 日本経済のけん引役として期待される「NEXT1000」を対象に、フリーキャッシュ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る