「デジタルに500億円」MS&AD柄沢社長が投資方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄沢康喜社長は21日までに産経新聞のインタビューに応じ、平成30~33年度にデジタル分野で500億円の新規投資を行う方針を明らかにした。

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した商品やサービスなどの開発に注力し、「新たなビジネスを創出する」考え。

​デジタル分野では、既に28~31年度に1千億円の投資を打ち出しているが、業務プロセスの効率化などが狙いだった。

これに追加する形で投資資金を捻出し、新事業創出に振り向けるのは、「飛躍的なデジタル化の進展でビジネスモデルが変わっていく」とみるからだ。

ITなど異業種は従来にない発想の商品などを生み出しており、「スタートアップとの協業や異業種との連携を通じ、デジタル技術のレベルアップを図る」と強調した。​

一方、国内の損害保険市場の成熟化を見据え、海外と国内の生命保険事業を合わせた利益の割合を現行の約3割から33年度には5割に引き上げ、収益源を分散させる方針を改めて示した。

成長を牽引(けんいん)する海外では「いい相手がいれば、M&A(企業の合併・買収)をやっていく」と語った。

29年度に1千億円超の赤字を出した英損保子会社の収益改善も課題。

6月に入って700億円の増資を行い、財務基盤を安定させたほか、収益性の低い保険の引き受け条件見直しなども進めており「30年度には黒字転換できる」と述べた。​

(産経新聞 2018/06/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-24

    公的保険徹底マスターの重要性

    年金の受給開始年齢が70歳以上となる可能性が現実的になってきました。 政府は原則65歳としている(…
  2. 2017-7-10

    長寿化 変わる保険(来春にも料率改定)

    ​今や人生80年とも90年ともいわれる長寿社会となった。 それを受け、生命保険各社は来春にも保険…
  3. 2017-3-3

    2.老後生活資金の準備について

    人生のリスク、保険設計をするうえで考えなければならない2つのリスクがあります。 まず1つ目は、早期…
  4. 2017-8-29

    保険料歩数で還付

    「相互扶助」から「リスク管理」へ ​「キャッシュバックまであと1日平均8566歩」。 スポン…
  5. 2018-6-28

    防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

    日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。 同社の社員30…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る