「デジタルに500億円」MS&AD柄沢社長が投資方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄沢康喜社長は21日までに産経新聞のインタビューに応じ、平成30~33年度にデジタル分野で500億円の新規投資を行う方針を明らかにした。

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用した商品やサービスなどの開発に注力し、「新たなビジネスを創出する」考え。

​デジタル分野では、既に28~31年度に1千億円の投資を打ち出しているが、業務プロセスの効率化などが狙いだった。

これに追加する形で投資資金を捻出し、新事業創出に振り向けるのは、「飛躍的なデジタル化の進展でビジネスモデルが変わっていく」とみるからだ。

ITなど異業種は従来にない発想の商品などを生み出しており、「スタートアップとの協業や異業種との連携を通じ、デジタル技術のレベルアップを図る」と強調した。​

一方、国内の損害保険市場の成熟化を見据え、海外と国内の生命保険事業を合わせた利益の割合を現行の約3割から33年度には5割に引き上げ、収益源を分散させる方針を改めて示した。

成長を牽引(けんいん)する海外では「いい相手がいれば、M&A(企業の合併・買収)をやっていく」と語った。

29年度に1千億円超の赤字を出した英損保子会社の収益改善も課題。

6月に入って700億円の増資を行い、財務基盤を安定させたほか、収益性の低い保険の引き受け条件見直しなども進めており「30年度には黒字転換できる」と述べた。​

(産経新聞 2018/06/22)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-20

    生損保、社外連携活発に

    保険会社が社外と連携して革新的なビジネス創出を目指す「オープンイノベーション」の取り組みを活発化させ…
  2. 2017-12-7

    保険4社の約款に「遺伝」情報

    日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金…
  3. 2017-2-22

    4.法人保険はなぜ必要か

    法人保険はなぜ必要なのか? 経営者 ・一時に現金が必要になり、経営を圧迫しかねない。 ・勇退…
  4. 2018-4-9

    廃業予備軍127万社

    廃業予備軍127万社。これは経営者が60歳以上で、後継者のいない中小企業の数です。 毎年3万社が後…
  5. 2018-12-7

    太陽生命、認知症の相関を産学共同研究

    太陽生命保険は4日、滋賀大学、滋賀医科大学と認知症の共同研究を始めたと発表した。 太陽生命保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る