第一生命、みずほ銀など4社が提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命保険とみずほ銀行などは24日、「フィンテック」や「インシュアテック」と呼ばれる金融、保険とIT技術が融合した新サービスの研究促進のために提携すると発表した。

各社の技術や資源を活用し、新たな保険商品や、決済手段の創出などを目指す。

提携ではスマートフォンで加入手続きが完結できるシステムや、保険料が数百円程度の短期の商品、保険料の支払いをデジタルコインで可能にする仕組み作りについて実証実験を行う。

将来的には生保・銀行の顧客データを本人の許可を取ったうえで企業に提供するなどする「情報銀行」のビジネスも視野に入れる。

提携したのは第一生命とみずほ銀行、投資会社「ウィル」、みずほ銀などが設立したフィンテックの研究などを行う「ブルーラボ」の4社。

実証実験のほか、互いの拠点を相互利用して合同会議を定期的に開き、最新技術などについての情報交換を行う。

第一生命の寺本秀雄副会長は記者会見で、保険をベースとした新商品を開発するにあたり、どのような商品が可能かを見極めることが提携の役割だと強調。「(実証実験は)失敗してもよい」と述べた。

第一生命・みずほ銀行ほかのニュースリリースはこちら

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2018_022.pdf

(フジサンケイビジネスアイ 2018/07/25)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-20

    認知症の保障 主契約に 太陽生命、業界初の保険

    太陽生命保険は18日、別の保険に加入することなく認知症の保障を受けられる業界初の認知症保険を10月に…
  2. 2017-3-3

    ④高額療養費

    医療費の自己負担が高額になるとどうなるか? 高額療養費制度というものがあります。 窓口での医…
  3. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…
  4. 2018-6-29

    「節税保険」実態解明へ 

    ​生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを…
  5. 2017-3-5

    お客さまが喜ぶことこそ、自分にメリットがある

    人間は変化を嫌います。 あらゆる仕事のプロセスは、始めたときには、必要性があって始められています。…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る