かんぽ生命、値上げを好機に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命が4月に保険料を値上げしたものの、新規客の獲得で予想外に健闘している。

​関係者は、4月以降の新規保険加入者の落ち込みが事前予想より小さいことに驚いている。

スポンサーリンク


日銀のマイナス金利政策もあり、逆風にさらされているはずなのになぜか。

今回の値上げは昨年8月に続き2回目。

前回は非公表だが、「まるでジェットコースターのような下落」(かんぽ生命)。

それに比べれば今春の影響は限定的だったという。

同じ轍(てつ)を踏むまい。

かんぽ幹部が編み出したのが、販売を委託している郵便局員を巻き込んだ営業支援策だ。

ノウハウを詰め込んだDVDの内容は大きく分けて2つ。

敏腕営業マンの営業スキル集をつくり、共有するスタイルだ。

「顧客に一方的に話をさせる」

成績の高い局員6人の手法を紹介し、自分に合ったスタイルを取り入れてもらう。

もうひとつが、保険の真髄ともいえる「保障の大事さ」を訴える営業スタイルへ転換したことだ。

実は郵便局は「『貯蓄話法』に頼りすぎた」。

スポンサーリンク


長らく主力商品の養老保険は満期に死亡保険金が戻り、保険の中でも貯金に近い存在だ。

郵便局員も保険を販売しているというより貯金を勧める意識が染みついていた。

だが、マイナス金利政策で環境は一変した。

予定利率が低下し、営業文句は全く効かない。

入院保険金など医療特約を付けることを前面に打ち出すよう改めた。

医療費上昇と少子高齢化。地方を襲う将来不安の中、顧客の心に刺さった。

今回のてこ入れ策は「値上げでは売れない」という従来型の発想も、実は思い込みだった可能性があることを示した。

ピンチをチャンスに。

逆風下こそ、ライバルをしのぎ、顧客の心をつかむ好機ともいえる。

(日本経済新聞 2017/04/28)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-9

    日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

    日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなる…
  2. 2017-10-6

    明治安田生命 外部連携で専門人材育成

    ​投融資の高度化・多様化を円滑に進めるため、今後は有価証券取引処理の電子化・自動化も進める方針。 …
  3. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  4. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  5. 2017-12-22

    保険の銀行窓販解禁10年(全体の1割にとどまる)

    銀行窓口での保険商品販売が全面解禁され、22日で10年を迎える。 取り扱う商品の幅は広がってきたが…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る