必要な保険とは リタイア後 優先度を点検

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リタイアした高齢者の主な所得は年金になります。

高齢者世帯の6割は年金だけで暮らしており、年金プラスアルファで暮らしている世帯もあります。

スポンサーリンク


高齢で無職の夫婦世帯の平均的な家計収支は、年70万円近い赤字です。

リタイア前は一定の収入を前提にした生活で、支出も膨らみがちです。

そんな生活を続けると、貯蓄を多く取り崩さないといけなくなります。

リタイア後はお金の使い方を見直す必要が出てきます。ここで漏れなく見直したいのが「保険」です。

まず、現役世代に加入した生命保険を見直しましょう。

子どもが独立したり、住宅ローンを完済したりしていれば、自身が亡くなった後、残された家族への経済的な備えの必要性は薄れてきます。

入院時の医療費が心配で、医療保険を検討している人もいるでしょう。

ただ、健康保険を使って治療を受けるなら、1カ月あたりの自己負担額は所得に応じた上限があります。

例えば、年収500万円の人が、1カ月に100万円の医療費がかかった場合、自己負担額は9万円ほど。70歳からは、さらに負担は軽減されます。

医療費の負担は、冠婚葬祭や住宅修繕と同様、一時的な支出として貯蓄で賄うこともできます。

必ずしも保険での備えにこだわらなくてもいいのです。

公的な給付制度を知ったうえで、必要なときに確実に手続きをする。

そして保険が必要かを考える。それが家計全体の負担を軽くすることにつながります。

(朝日新聞  2017/05/15)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-24

    「生命保険販売の心理学」 アマゾンKindle版 で新刊公開しました!

    「生命保険販売の心理学」~人の心を動かし購買行動を喚起する法則 商品の説明 内容紹介 生命保険営…
  2. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…
  3. 2018-7-25

    日生、新規ビジネス創出 スタートアップから協業案

    日本生命保険は23日、同社の経営資源を活用し、スタートアップ企業と新規事業の創出を目指すと発表した。…
  4. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…
  5. 2018-1-17

    展望日本経済2018 長寿社会を支えたい 日本生命保険社長 筒井義信氏

    日本は長寿社会に入ってきており、商品戦略は死亡保障中心から、長生きをどのように支えていくかという方向…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る