住生が代理店販売倍増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。

子会社のメディケア生命保険は4月に女性・介護関連の新特約を創設するほか、住生は8月以降に外貨建て年金保険を発売する。​

​住生グループの年間保険契約件数のうち代理店を通じた契約は2018年3月期で約35万件となる見通し。

20年3月期に倍の70万件を目指す。

メディケア生命が4月に追加するのは、女性の特定手術や乳房再建を新たに保障する「新女性特約」と、要介護2以上の公的介護認定と連動した「介護保障付終身保険特約」など。

また、住生からは金融庁の認可を取得次第、8月以降に外貨建ての年金保険を発売する。

住生は17年に同社初の外貨建て保険を発売し、売れ行きが好調だ。

販路拡大では、出資を通じて保険ショップとの関係を強めている。

1月には「保険ほっとライン」を運営するマイコミュニケーションに出資した。

(日刊工業新聞 2018/03/02)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-22

    生保、国内外でM&A

    新中計 成長基盤を構築 ​大手生命保険2社の新たな中期経営計画が2017年度から始まる。日銀のマイ…
  2. 2017-9-19

    生保協会長、各社のノウハウ共有

    生命保険協会の橋本雅博会長は15日の定例会見で、「長期にわたり顧客の生活を支えるのが保険会社の使命」…
  3. 2017-5-8

    生保各社の「イデコ」 独自サービスで差別化

    生命保険会社が個人型確定拠出年金(iDeCo、イデコ)の取り組みを強化している。 ​ イデコは加入…
  4. 2017-3-8

    貯蓄性商品 保険料上げ 生保各社来月 運用利回り低迷

    生命保険各社は4月以降、「貯蓄性商品」の保険料値上げに一斉に踏み切る。 保険料の運用利回り低迷が背…
  5. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る