日生、AI深層学習機能で資産運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険の社長に1日付で就任した清水博氏は4日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、人工知能(AI)の深層学習機能を活用した資産運用を試験的に開始したことを明らかにした。

国際金融市場が不安定さを増す中、最先端のITを活用し運用力を高める狙いだ。

スポンサーリンク

​昨年から開始した。

市場のデータを読み込ませ、AIが取引のタイミングを見極め、運用担当者が最終判断している。

しばらく試験運用を続け、本格展開に切り替えるかを決める。

清水社長は「少ない金額で運用している段階だが良い成果が出ている」と語り、手応えを示した。

日本生命はAIでツイッターの書き込みや有価証券報告書を分析し、株価急変を予測するシステムの構築も進めている。

AIを人の投資判断をサポートする手段に位置づけ、多様な活用法を検討する。



さらに、清水社長は「人材の強化に尽きる」とも述べ、米TCWやドイツ銀行系ドイチェ・アセット・マネジメントなど出資先の資産運用会社との人事交流を加速し、最新の運用ノウハウをグループ内に蓄積する考えを強調した。

今後の資産運用戦略では、引き続き海外社債などに積極的に投資する方針だ。

このうち環境保全や社会貢献につながる投資先を選ぶ「ESG投資」は2020年度までに2,000億円を投じる計画。

ただ、昨年末時点で投資額は1,600億円まで積み上がっているといい、清水社長は「ESGの投資枠は引き上げる方向だ」と語った。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/04/05)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-10-4

    AIGの医療保険買収 東京海上、企業・団体向け

    東京海上日動ホールディングス(HD)は、米保険大手AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)…
  2. 2018-3-1

    生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

    日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。 年度内にも投資先1…
  3. 2018-4-23

    銀行・保険、採用を大幅減 来春新卒、業務電子化で

    ​日本経済新聞社が22日まとめた採用計画調査で、銀行や保険が2019年春入社の新卒採用を大幅に減らす…
  4. 2018-4-26

    明治安田、議決権行使結果を全面開示へ

    明治安田生命保険は2018年度から株主総会で投じた個別議案に対する賛否の結果について、全面的に開示す…
  5. 2018-4-6

    金融庁、ソニー生命に立ち入り検査

    ​ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次ぎ、金融庁が同社に立ち入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る