生保、営業に先端技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が人工知能(AI)やビッグデータを使った営業の高度化に取り組んでいる。

先端のテクノロジーを用いることで経験の浅い営業職員でもベテラン同様の提案が可能となる。​

日本生命保険は3月から保険コンサルティングの高度化にIBMの「ワトソン」を本格導入する。

既存顧客の年齢・性別・家族構成・加入内容データのほか、5万人の営業職員の活動利益データをワトソンで分析。

保険の加入や見直しが必要な顧客を選定し、個々の営業職員の情報端末に配信する。

スポンサーリンク


第一生命保険は約1000万件の既契約情報をビッグデータ分析、営業現場にフィードバックし提案活動に役立てている。

「営業成果につながる確率は確実に上がっている」という。

朝日生命保険は日本IBMが提供するデータ分析システムを導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。

営業結果をデータ入力し、成約見込み度予測モデルを開発。

データ分析することで成約率の向上につながったという。

生保の営業は高齢化が進んでおり、成績トップの営業職員は高齢層に集中している。

中長期的に高齢層の退職が想定されるなか、営業力強化のためには若年層の底上げが必須の課題だ。

(日刊工業新聞 2018/01/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    保険の銀行窓販、曲がり角、5大銀、昨年度1割減、貯蓄性商品乏しく

    銀行による保険や投資信託の窓口販売が曲がり角にさしかかっている。 保険窓販は銀行大手5グループの合…
  2. 2017-9-4

    自分の葬式は必要ですか?

    自分の葬式はいらない。 そう考える人は56%に上った。​ その理由は、お金、しがらみなど様々…
  3. 2017-9-26

    がんの「代替医療と標準治療」の基礎知識~ネットや口コミの情報に惑わされない!~

    がんの情報はあふれている 現代は情報過多といわれるように、パソコンやスマートフォンで簡単にさまざま…
  4. 2017-4-4

    インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

    ​日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち…
  5. 2018-6-28

    防げ糖尿病重症化 日本生命、健康管理サービス試行

    日本生命保険は日本生命病院で、糖尿病の重症化を防ぐ健康管理サービスの試行を始めた。 同社の社員30…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る