生保、営業に先端技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が人工知能(AI)やビッグデータを使った営業の高度化に取り組んでいる。

先端のテクノロジーを用いることで経験の浅い営業職員でもベテラン同様の提案が可能となる。​

日本生命保険は3月から保険コンサルティングの高度化にIBMの「ワトソン」を本格導入する。

既存顧客の年齢・性別・家族構成・加入内容データのほか、5万人の営業職員の活動利益データをワトソンで分析。

保険の加入や見直しが必要な顧客を選定し、個々の営業職員の情報端末に配信する。

スポンサーリンク


第一生命保険は約1000万件の既契約情報をビッグデータ分析、営業現場にフィードバックし提案活動に役立てている。

「営業成果につながる確率は確実に上がっている」という。

朝日生命保険は日本IBMが提供するデータ分析システムを導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。

営業結果をデータ入力し、成約見込み度予測モデルを開発。

データ分析することで成約率の向上につながったという。

生保の営業は高齢化が進んでおり、成績トップの営業職員は高齢層に集中している。

中長期的に高齢層の退職が想定されるなか、営業力強化のためには若年層の底上げが必須の課題だ。

(日刊工業新聞 2018/01/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-6

    3.相続税の負担軽減対策

    非課税財産 ・墓地、仏壇、仏像など日常礼拝の用に供するもの ・死亡保険金のうち一定金額(50…
  2. 2018-1-31

    アフラック 特約導入へ

    アフラックは主力のがん保険で、がんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月…
  3. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  4. 2017-2-22

    3.相続をめぐる現状と必要となる対応

    相続をめぐる現状① ■ 遺産分割事件の新受件数推移 相続には相続税だけでなく、「遺産分割」と…
  5. 2017-3-10

    改正道交法12日施行 3氏座談会 高齢者の運転支援

    車の暴走や逆走など、高齢ドライバーによる事故多発に対応するため、改正道路交通法が今月12日に施行され…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る