生保、営業に先端技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社が人工知能(AI)やビッグデータを使った営業の高度化に取り組んでいる。

先端のテクノロジーを用いることで経験の浅い営業職員でもベテラン同様の提案が可能となる。​

日本生命保険は3月から保険コンサルティングの高度化にIBMの「ワトソン」を本格導入する。

既存顧客の年齢・性別・家族構成・加入内容データのほか、5万人の営業職員の活動利益データをワトソンで分析。

保険の加入や見直しが必要な顧客を選定し、個々の営業職員の情報端末に配信する。

スポンサーリンク


第一生命保険は約1000万件の既契約情報をビッグデータ分析、営業現場にフィードバックし提案活動に役立てている。

「営業成果につながる確率は確実に上がっている」という。

朝日生命保険は日本IBMが提供するデータ分析システムを導入し、加入意向の高い顧客を予測するシステムを開発した。

営業結果をデータ入力し、成約見込み度予測モデルを開発。

データ分析することで成約率の向上につながったという。

生保の営業は高齢化が進んでおり、成績トップの営業職員は高齢層に集中している。

中長期的に高齢層の退職が想定されるなか、営業力強化のためには若年層の底上げが必須の課題だ。

(日刊工業新聞 2018/01/18)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-18

    生活習慣病リスク予測 健診データAIが分析

    NTTとNTTデータは16日、糖尿病など生活習慣病の発症リスクを人工知能で予測するシステムを開発した…
  2. 2018-6-5

    足りない栄養はこれ ネスレ日本、DNA・血液検査で提案

    ネスレ日本は28日、DNA検査や血液検査を無料で提供し、自社の商品を提案するサービスを始めると発表し…
  3. 2017-6-30

    太陽生命 個人年金保険を外貨建てに刷新

    太陽生命保険は7月3日から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。​ 三菱東京UFJ銀行の窓口…
  4. 2017-3-24

    ロボの不調 保険で安心

    東京海上日動火災保険は、介護ロボットや人の話し相手などをするコミュニケーションロボットを対象にした「…
  5. 2018-5-18

    インタビュー第一生命HD社長・稲垣精二氏「保険でQOL向上に貢献」

    第一生命ホールディングスは2020年度までにグループの当期利益を2500億円(17年度見通しは210…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る