日生、認知症予防にAIスピーカー、アマゾンと組む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​日本生命保険は認知症対策サービスを始める。

第1弾で月内にも、米アマゾン・ドット・コムと組み、同社の人工知能(AI)スピーカーを活用して認知症予防プログラムの提供を開始。

高齢者見守りや、保険金の支払い手続きなどもAIスピーカーでできるように開発を進める。

契約者が年々高齢化するなか、関心の高い認知症対策などで顧客層を広げる狙い。

日生では「グランエイジプロジェクト」と銘打って高齢者サービスに力を入れる。

子会社のニッセイ情報テクノロジーの技術を活用し、AIスピーカー向けのコンテンツを開発。

音声対話を通じたクイズで脳を刺激したり、生活習慣に関するアドバイスをしたりする。

スポンサーリンク

無料で提供を始め、有料プランの開発を検討。

50~70歳代を中心に今後3~5年間で50万人の利用を見込む。

AIスピーカーを使って独居高齢者の見守りサービスも検討する。

入院などで保険金支払いが必要な際にも音声対話で手続きを終えられるようなサービスも開発する。

厚生労働省によると2025年には65歳以上の高齢者が全体の3割に達する見込み。

とくに認知症は介護期間も長く、家族らの介護や治療費負担も重い。

認知症対策で日常的に使えるコンテンツを提供し、高齢の契約者と接点を増やす

(日本経済新聞 2018/03/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  2. 2017-2-22

    5.経営者の一番の悩み事業承継

    事業承継には2つの要素があります。(何を継ぐか)    ・1つめは 「財産」を継ぐこと    …
  3. 2018-12-13

    生保各社、外貨建て保険の利回り見える化 ガイドライン改定へ

    利回り見える化 日本生命保険や第一生命ホールディングスなど生保各社は、運用商品に近い性質を持つ外貨建…
  4. 2017-12-19

    海外臓器移植に保険給付

    厚生労働省は、海外での臓器移植手術を公的保険の給付対象にする方針を決めた。 現在は全額自己負担で、…
  5. 2017-11-20

    KDDIが株買い増し ライフネット生命

    「au」ブランドで携帯電話事業を展開するKDDIは17日、資本・業務提携するライフネット生命の株式を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る