日生、認知症予防にAIスピーカー、アマゾンと組む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​日本生命保険は認知症対策サービスを始める。

第1弾で月内にも、米アマゾン・ドット・コムと組み、同社の人工知能(AI)スピーカーを活用して認知症予防プログラムの提供を開始。

高齢者見守りや、保険金の支払い手続きなどもAIスピーカーでできるように開発を進める。

契約者が年々高齢化するなか、関心の高い認知症対策などで顧客層を広げる狙い。

日生では「グランエイジプロジェクト」と銘打って高齢者サービスに力を入れる。

子会社のニッセイ情報テクノロジーの技術を活用し、AIスピーカー向けのコンテンツを開発。

音声対話を通じたクイズで脳を刺激したり、生活習慣に関するアドバイスをしたりする。

スポンサーリンク

無料で提供を始め、有料プランの開発を検討。

50~70歳代を中心に今後3~5年間で50万人の利用を見込む。

AIスピーカーを使って独居高齢者の見守りサービスも検討する。

入院などで保険金支払いが必要な際にも音声対話で手続きを終えられるようなサービスも開発する。

厚生労働省によると2025年には65歳以上の高齢者が全体の3割に達する見込み。

とくに認知症は介護期間も長く、家族らの介護や治療費負担も重い。

認知症対策で日常的に使えるコンテンツを提供し、高齢の契約者と接点を増やす

(日本経済新聞 2018/03/11)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  2. 2017-3-21

    作業中のストレスチェック

    三井住友海上 スマホアプリ開発 ​三井住友海上火災保険が作業中のストレスや健康状態をチェックする機…
  3. 2018-9-5

    白内障手術、支払い急増 生命保険会社の先進医療保障 対象から外す動きも

    生命保険会社の医療保険の「先進医療保障」で、白内障手術の支払件数が急増している。 高齢化で患う人が…
  4. 2018-7-2

    生保、内勤職員にベア 太陽生命など、23年ぶり

    生命保険会社の間で、総合職など「内勤職員」と呼ぶ社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を…
  5. 2017-3-5

    行動基準を「自分」から「相手」に変えると・・・!?

    日米の交通マナーの差 1.信号の無い横断歩道に人が立っている場合、日本では止まらない車の方が圧倒的…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る