営業にAIタブレット 太陽生命、音声で保険加入手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽生命保険は7日、営業職員無権に人工知能(AI)を搭載したタブレット端末を今月中に導入すると発表した。

AIが顧客の年齢や性別を基準にふさわしい商品を判断し、提案する。

音声で保険加入時の告知手続きが出来る大手生保初のサービスも提供する。

新たなタブレット端末は現在使用するノート型パソコンと比べ軽く顧客対応の向上だけでなく営業職員の負担軽減にもつながる。

営業職員が持つ端末は、新規顧客の開拓や既存契約の対応、営業活動の記録などに使う。20日に同社の営業職員に一斉配布する計画だ。

AIが提案する基本商品に、保険料や保証、保険金などの顧客要望を営業職員が反映させて最適な商品を設計する。

これまで手書きとしていた健康状態の告知を音声でも入力できるようにする、端末のカメラで診断書を撮影し、最短30分で医療保険などの給付金を支払うことも可能だ。

端末の切替にあわせ営業所職員から毎月徴収する端末使用量を無償とし、実質的な賃上げとする。

同社は4月にも約8%の賃上げを実施しており、端末使用量を廃止することで約10%の報酬引き上げとなるという。

(日刊工業新聞 2018/08/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-26

    がん治療 オーダーメイド目指す

    がんのオーダーメイド型医療を国が推進している。 国立がん研究センター中央病院は来月にも、個人ごとに…
  2. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…
  3. 2017-9-4

    “長生きで得する”保険10月投入 太陽生命、老後に手厚く

    ​太陽生命保険は、10月に同社初となるトンチン型の年金保険を発売する。 トンチン保険は、死亡時の返…
  4. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  5. 2018-7-25

    第一生命、みずほ銀など4社が提携

    第一生命保険とみずほ銀行などは24日、「フィンテック」や「インシュアテック」と呼ばれる金融、保険とI…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る