日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、すべての営業職員5万人に配る。

来年4月をめどに現在の端末から切り替える。

顧客の要望に応える能力を高め、職員の負担も減らす。

最大手の日本生命は対面販売を営業の柱に据えており、営業職員の数も業界で最も多い。

新規開拓や顧客回りといった営業活動はすべて、ノートパソコン型の携帯端末で記録してきた。切り替えは7年ぶりだ。

最大の特徴は、顧客ら4千万人分の営業データを活用したAIの導入。

年齢や家族構成といった情報を営業先で端末に入力すれば、AIが画面上に最適なサービスを表示する。

営業データは随時更新し、AIの精度を高めていく。

端末をタブレット型にするのは初めてで、現在のノートパソコン型の半分ほどの軽さ。

持ち運びもより便利になるという。

(朝日新聞  2018/05/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-25

    「保険デザイン」 住友生命が買収

    住友生命保険は24日、関西を中心に保険の乗り合い代理店を展開する「保険デザイン」を買収すると発表した…
  2. 2017-12-22

    第一生命、ミニ保険会社参入(専門会社買収へ)

    第一生命ホールディングス(HD)は来春にも、少額短期保険(ミニ保険)事業に参入する方針だ。 アイア…
  3. 2018-7-10

    太陽生命、仏「グリーン・ローン」に30億円を融資 社会貢献と利回り両立

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険が、仏銀行大手クレディ・アグリコル銀行が手がける「グリーン・…
  4. 2017-3-8

    保険証券で保険を見直す

    保険の見直しは、現在加入している保険の契約内容の把握するために、保険証券のチェックが必須です。 保…
  5. 2017-5-8

    夫婦の小遣い懐寒し 07年以来最低2万5082円

    ​明治安田生命がまとめた「家計」に関する調査によると、夫婦が自由に使えるお小遣いの月額は平均2万50…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る