日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、すべての営業職員5万人に配る。

来年4月をめどに現在の端末から切り替える。

顧客の要望に応える能力を高め、職員の負担も減らす。

最大手の日本生命は対面販売を営業の柱に据えており、営業職員の数も業界で最も多い。

新規開拓や顧客回りといった営業活動はすべて、ノートパソコン型の携帯端末で記録してきた。切り替えは7年ぶりだ。

最大の特徴は、顧客ら4千万人分の営業データを活用したAIの導入。

年齢や家族構成といった情報を営業先で端末に入力すれば、AIが画面上に最適なサービスを表示する。

営業データは随時更新し、AIの精度を高めていく。

端末をタブレット型にするのは初めてで、現在のノートパソコン型の半分ほどの軽さ。

持ち運びもより便利になるという。

(朝日新聞  2018/05/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-27

    大手生保4G 外貨建て投入 相次ぐ

    大手生命保険4グループ(4G)は、2017年度の金融機関窓口販売戦略を見直している。  4G合計の…
  2. 2017-2-28

    6.営業サイクルの本当の意味

    営業サイクルの流れ 1.見込客づくり 生命保険営業にとって最も重要。 2.アポイントメ…
  3. 2018-5-31

    介護保険法改正に伴う被保険者への負担

    満40歳以上の方が毎月納める介護保険料。 介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう社会全…
  4. 2017-10-5

    日本生命、マスミューチュアル生命を買収へ

    1000億~2000億円 銀行窓販を強化 日本生命保険は中堅のマスミューチュアル生命保険を買収する…
  5. 2018-4-4

    カーディフ生命 住友生命が出資

    住友生命保険はカーディフ生命保険に出資する方針だ。 ​出資額は明らかにしていないが、同社の株式5%…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る