日生の営業、AIタブレットで 来春めど、職員5万人に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は、顧客に最もふさわしい商品や特典をAI(人工知能)が自動で判断するタブレット端末を、すべての営業職員5万人に配る。

来年4月をめどに現在の端末から切り替える。

顧客の要望に応える能力を高め、職員の負担も減らす。

最大手の日本生命は対面販売を営業の柱に据えており、営業職員の数も業界で最も多い。

新規開拓や顧客回りといった営業活動はすべて、ノートパソコン型の携帯端末で記録してきた。切り替えは7年ぶりだ。

最大の特徴は、顧客ら4千万人分の営業データを活用したAIの導入。

年齢や家族構成といった情報を営業先で端末に入力すれば、AIが画面上に最適なサービスを表示する。

営業データは随時更新し、AIの精度を高めていく。

端末をタブレット型にするのは初めてで、現在のノートパソコン型の半分ほどの軽さ。

持ち運びもより便利になるという。

(朝日新聞  2018/05/14)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-8-23

    「節税保険」なお拡充

    大手生命保険の定期保険を巡り、販売現場で「節税」がPRされ、金融庁が一部の商品設計を問題視している。…
  2. 2017-2-21

    第一生命保険が日本調剤と提携

    第一生命保険とネオファースト生命保険は20日、日本調剤と業務提携したと発表した。 日本調剤の調剤薬…
  3. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  4. 2018-6-7

    日生、「かんぽ越え」秒読み

    日本生命保険の業容が、長らく首位だったかんぽ生命保険を追い抜きつつある。 2018年3月期決算では…
  5. 2018-4-17

    第一生命HD、アルファコンサル買収 代理店ノウハウ吸収

    第一生命ホールディングス(HD)は16日、保険販売代理店のアルファコンサルティング(名古屋市中区)を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る