AI 保険商品開発に生かす かんぽ生命社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は2日、3月に導入した日本IBMの人口知能(AI)「ワトソン」を、新しい保険商品の開発に生かす考えを明らかにした。

顧客の健康データや保険料の支払い実績など膨大なデータを分析させることで、これまでにない商品の設計を目指すという。

​6月の社長就任を受けて朝日新聞などのインタビューに答えた。

かんぽ生命は現在、過去の事例を元にし保険料の支払い審査などにワトソンを使っている。

植平氏は「IBMと協力して保険業に合ったワトソンを作り上げていく。商品開発のほか、資産運用にも活用できる」と述べた。

「国内市場は縮小している」として、海外での企業買収(M&A)を目指す考えも示した。

「出資に規制がなく、収益を取り込めることが必要」と述べ、主に先進国で安定した業績を上げている保険会社を狙う方針だ。


(朝日新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-9

    1.企業会計その(1)

    法人契約を取り扱うためには社長と話をしなければなりません。 また、税理士は法人案件の紹介元になった…
  2. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  3. 2017-9-7

    FWD富士生命保険社長友野紀夫さん 日本へ親しみ

    FWD富士生命保険はAIG富士生命保険から1日に社名変更した。 「日本顧客への親しみを考え、富士の…
  4. 2017-7-11

    日生調べボーナス使い道 「円建て預貯金」

    日本生命保険は「夏のボーナス」に関するアンケートを実施、使途として「円建て預貯金」が最も多いとの調査…
  5. 2017-8-21

    保険料割引、アプリでクーポン

    健康を維持することで、節約につながるような保険商品が目立ってきた。 健康状態がよいほど安くなる医療…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る