AI 保険商品開発に生かす かんぽ生命社長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険の植平光彦社長は2日、3月に導入した日本IBMの人口知能(AI)「ワトソン」を、新しい保険商品の開発に生かす考えを明らかにした。

顧客の健康データや保険料の支払い実績など膨大なデータを分析させることで、これまでにない商品の設計を目指すという。

​6月の社長就任を受けて朝日新聞などのインタビューに答えた。

かんぽ生命は現在、過去の事例を元にし保険料の支払い審査などにワトソンを使っている。

植平氏は「IBMと協力して保険業に合ったワトソンを作り上げていく。商品開発のほか、資産運用にも活用できる」と述べた。

「国内市場は縮小している」として、海外での企業買収(M&A)を目指す考えも示した。

「出資に規制がなく、収益を取り込めることが必要」と述べ、主に先進国で安定した業績を上げている保険会社を狙う方針だ。


(朝日新聞  2017/08/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-13

    子供を無料招待 日本生命保険とニッセイ文化振興財団​

    全国の子供たちを招待する舞台イベント「ニッセイ名作シリーズ2017」を13日に開始する。​ 全15…
  2. 2018-10-23

    第一生命HD、健康増進アプリをかんぽに提供

    「健康第一」アプリ 第一生命ホールディングス(HD)は22日、同HD子会社のQOLead(キュオリ…
  3. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…
  4. 2018-3-23

    シニア向け保険相次ぎ登場 90歳まで契約や無告知

    シニア世代をターゲットにした保険が相次ぎ登場している。 90歳まで契約できる医療保険や健康状態の告…
  5. 2017-2-22

    6.法人保険のアプローチ

    社長に響かない3つの言葉 ・保険の見直しをしませんか? ・保障内容の確認をしませんか? ・…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る