かんぽ保険金 審査にAI活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かんぽ生命保険は11日、入院、手術などに応じた保険金の審査に、日本IBMの人口知能(AI)「ワトソン」を導入したと発表した。

富国生命保険などが業務の一部に使っているが、保険会社の中心業務の保険金審査にAIを本格活用するのは国内初という。

スポンサーリンク


​入院や手術の際に支払われる保険金の額は、けがや病気の場所や程度、手術のやり方で大きく変わる。

ワトソンは、過去の診断書と保険金の支払い結果など、約500万の事例を記憶している。

提出された診断書と似た過去の事例を見つけ出し、「何%似ている」という判断とともに担当者に示す。

(朝日新聞 2017/04/12)

​●プレスリリースはこちら
http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/archives/pdf/pr20170411.pdf

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-20

    生損保大手 中小向け保険で攻勢

    大手生損保会社が中小企業向け保険市場の開拓に動いている。 中小企業の保険市場は大手保険会社による開…
  2. 2017-3-21

    作業中のストレスチェック

    三井住友海上 スマホアプリ開発 ​三井住友海上火災保険が作業中のストレスや健康状態をチェックする機…
  3. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  4. 2017-10-20

    保険金の請求メールで促す

    三井住友海上火災保険が、保険金の支払いが発生しそうな加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「L…
  5. 2017-2-24

    ③プレゼンテーション・クロージングのポイントまとめ

    1、必要保障額や見込み客の意向に基づいて設計したプランであることをわかりやすく示し、必要な準備として…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る