三井生命 明美ちゃん基金24年連続の寄託

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「明美ちゃん基金」

​三井生命保険の土屋雄一郎企画部長(48)らが19日、東京・大手町の産経新聞を訪れ、重い心臓病に苦しむ子どもを支援する「明美ちゃん基金」(産経新聞厚生文化事業団運営)に24万4,925円を寄付した。

同社の寄託は24年連続。

​同社では、顧客に手渡す同社オリジナルのうちわを、従業員が1つ購入するごとに売り上げの一部を積み立て、基金に寄託している。

明美ちゃん基金とは? 詳しくはこちら→ https://www.sankei.jp/csr/akemi

(産経新聞 2018/02/20)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-9

    3.生命保険の経理・税務

    保険料の経理処理は、保険種類や保険期間、受取人により変わります。 本来は、解約払戻金の部分を資産計…
  2. 2018-7-2

    生保、内勤職員にベア 太陽生命など、23年ぶり

    生命保険会社の間で、総合職など「内勤職員」と呼ぶ社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を…
  3. 2017-11-8

    健康増進保険 開発相次ぐ

    運動や健康的な食事でメリットが得られる「健康増進保険」の開発・販売が活発だ。 東京海上日動あんしん…
  4. 2017-6-14

    ひまわり生命がクアオルト活動

    温泉×運動=健康経営ー。 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は温泉地で健康増進を目指す活動「クア…
  5. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る