アフラック 特約導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフラックは主力のがん保険で、がんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月から新たに導入する。

生保業界初めてという。

治療をしながら働き続ける人が増えたことでニーズは高まっており、新たな特約で治療と仕事との両立を後押しする。

​特約を付けると、がんの治療が直接の原因として頭髪が抜けたと診断された場合、10万円が給付される。

特約保険料は、男性30歳で月20円、60歳で164円。

女性は30歳で32円、60歳で111円。

がんの摘出手術で手足を切除した場合も対象となり、20万円が給付される。給付はそれぞれ1回のみ。

アフラックが自社のがん保険契約者に調査したところ、治療を受けた約3人に1人が外見に変化が生じた。

このうち6割近くの人で、抗がん剤の副作用による頭髪や眉毛の脱毛が起きたという。

ウィッグの購入費用は平均11.7万円で、この金額を参考に給付金額を設定した。

(朝日新聞 2018/01/31)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  2. 2017-6-27

    ソニー生命 豪生保の買収検討

    ソニー生命保険は出資する豪生命保険会社クリアビュー・ウェルスの買収を検討する方針だ。​ 経済紙オー…
  3. 2017-4-27

    日本IBM、かんぽ支援 AIで保険金支払い査定

    日本IBMはかんぽ生命保険に対し、人口知能(AI)「ワトソン」を活用して保険金支払い審査業務の効率化…
  4. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…
  5. 2018-9-12

    国立がん研 3年後がん生存率を初公表 全体で71%

    国立がん研究センターは11日、2011年にがんと診断された人の3年後の生存率を初めて公表した。 こ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る