アフラック 特約導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフラックは主力のがん保険で、がんの治療で頭髪が抜けた場合などに保険金を支払う「外見ケア特約」を4月から新たに導入する。

生保業界初めてという。

治療をしながら働き続ける人が増えたことでニーズは高まっており、新たな特約で治療と仕事との両立を後押しする。

​特約を付けると、がんの治療が直接の原因として頭髪が抜けたと診断された場合、10万円が給付される。

特約保険料は、男性30歳で月20円、60歳で164円。

女性は30歳で32円、60歳で111円。

がんの摘出手術で手足を切除した場合も対象となり、20万円が給付される。給付はそれぞれ1回のみ。

アフラックが自社のがん保険契約者に調査したところ、治療を受けた約3人に1人が外見に変化が生じた。

このうち6割近くの人で、抗がん剤の副作用による頭髪や眉毛の脱毛が起きたという。

ウィッグの購入費用は平均11.7万円で、この金額を参考に給付金額を設定した。

(朝日新聞 2018/01/31)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    1.営業サイクル

    生命保険営業においては、高い確率で成功することができる方法が確立しています。 これを営業サイクルと…
  2. 2017-10-23

    卓見異見 がんと就労 ライフネット生命保険社長岩瀬大輔 療養離職防ぐ企業体制に

    がんの治療をしながら仕事を続けることは、治療費を稼ぐという経済的意味だけでなく、患者が社会と関わり続…
  3. 2017-3-21

    異業種襲来 保険ショップ転機 少子高齢化・マイナス金利 経営環境厳しく

    複数の保険会社の商品を比較・検討しながら販売できる利点を強調してきた乗り合い代理店(保険ショップ)に…
  4. 2017-6-23

    トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

    ​早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。…
  5. 2017-2-24

    富国生命が無許可保育所手当増額

    富国生命保険が、認可外保育所に子供を通わせる女性の新人営業職員を対象に支給している月額5,000円の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る