2018成長への展望 外貨建てで資産形成ニーズに応える 明治安田生命保険社長 根岸秋男さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異常な低金利環境が当面続くだろう。

外貨建て商品や保障性商品に力を入れたい。

米国の公募社債への直接投資を開始し、米国の成長を取り込みたい。

ーー外貨建て保険の販売が好調だ

昨年8月に発売した一時払いの外貨建て保険は想定を上回る勢いだ。

18年度中に平準払いの外貨建て保険を開発したい。

資産形成ニーズに応えられる商品にしたい。

ーー商品構成で足りないところは

18年度上半期に、短期型の就業不能保険を発売したい。

健康作りを意識させるような商品も、19年度までにサービスとセットで実現したい

(フジサンケイビジネスアイ 2018/01/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-19

    日生劣後債に予備格付け

    格付投資情報センター(R&I)は16日、日本生命保険が特別目的会社(SPC)を通じて発行する…
  2. 2017-3-8

    SBIいきいき少額短期保険調べ 終活認知90%

    ​人生の最後に対し、前向きに準備することで今をより良く生きる終活。 SBIいきいき少額短期保険の調…
  3. 2018-10-4

    住友生命、アクサ生命と提携し介護関連事業に参入

    住友生命保険とアクサ生命保険は共同で、介護施設の紹介などを手掛ける事業を始める。 10月中にも専用…
  4. 2018-6-14

    外貨建てシフト続く

    地域金融機関の2017年度下期の「生保窓販実績<終身保険>」(回答ベース)がまとまった。 販売件数…
  5. 2017-3-1

    5.事業承継期

    企業の事業承継について現状をみると、社長の平均年齢は58.9歳と年々上昇し、60歳に近づいてきていま…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る