明治安田生命、円貨建て一時払い終身保険の予定利率0.35%に引き上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治安田生命保険は28日、6月1日契約日分から円貨建て一時払い終身保険の予定利率を現行の0・30%から0・35%に改定すると発表した。

国内の生命保険各社は日銀のマイナス金利政策を受け、同様の商品の予定利率を引き下げている。

低金利環境が続く中、円貨建て一時払い終身保険の予定利率の引き上げは、同社が初とみられる。

円貨建て一時払い終身保険はマイナス金利下で販売停止や抑制が続くものの、一般企業の売上高に当たる保険料等収入の底上げに寄与する。

保険の運用利回りである予定利率の引き上げで顧客訴求力を高め、契約件数を伸ばす狙いがある。

対象は、提携金融機関の窓口で販売する「エブリバディ」、営業職員が販売する「エブリバディ10」、「かんたん保険シリーズ ライト」内の「明治安田生命ひとくち終身」の3商品。

エブリバディの予定利率の引き上げは07年4月以来、約11年ぶりとなる。ひとくち終身は16年10月に発売し、初の引き上げとなる。

(日刊工業新聞 2018/05/29)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ③ファーストアプローチのポイント

    あなたの第一印象が決まる重要なポイントです。 初頭効果 第一印象が決まるプロセスで、初頭効果とい…
  2. 2017-11-14

    日生がアンケート 働き方改革業種で差

    日本生命保険は13日、23日の「勤労感謝の日」に先立ち、勤労・仕事に関するアンケートを実施した。 …
  3. 2017-12-5

    来年4月、日本法人社名「アフラック」

    ​米保険大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)は4日、来年4月に営業を始める日本法人の社名…
  4. 2018-3-2

    新卒採用に“AI面接官”登場

    ​来年春に卒業予定の大学3年生らに向けた主要企業による会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的に…
  5. 2017-7-20

    商品・代理店・サービスを拡充 T&Dファイナンシャル生命 執行役員事業本部長 西村維晃(まさあき)氏に聞く

    T&Dファイナンシャル生命の昨年度の新契約高は2354億円。 継続的に取り組んできた複線…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る