生保、内勤職員にベア 太陽生命など、23年ぶり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生命保険会社の間で、総合職など「内勤職員」と呼ぶ社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を実施する動きが広がっている。

T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険はこのほど、内勤職員約2400人を対象に、月額で1000円の賃金の増額を決めた。

最大手の日本生命保険も23年ぶりのベアを実施。

売り手市場のなか賃金を改善し、優秀な人材の獲得などにつなげる。

太陽生命は本社や支社に勤務する総合職、一般職などの月例給与を引き上げる。

ベア実施は1995年度以来となる。IT(情報技術)を活用した保険金請求手続きの自動化で総労働時間の削減が進んだことなどを受け、削減分を社員に還元する。

(日本経済新聞 2018/07/02)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-20

    「健康増進サポートプロジェクト」生命保険協会が発表!

    「健康増進サポートプロジェクト」 スポーツを通じた健康増進を促すための取り組みを進めることにより、…
  2. 2017-6-20

    就労不能保険 売れ行き快調

    就労不能保険が売れている 三井住友海上あいおい生命保険が、働けなくなるリスクへの対応を拡充して4月…
  3. 2018-5-23

    社会保障給付68兆円増 2040年度政府推計190兆円

    政府は21日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、2040年度の社会保障給付費の推計を初めて公…
  4. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…
  5. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る