保険の銀行窓販4割減(一時払系商品売止などにより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保険商品の銀行窓販が急減

2016年度の販売額は前年度比で4割減り、09年度以来の低水準になる見通しだ。

スポンサーリンク


​マイナス金利のあおりで人気商品だった一時払い終身保険の販売停止が相次ぎ、金融庁が窓販の商慣行に厳しい視線を向け始めたことも響いている。

全面解禁から今年で10年の銀行窓販は曲がり角にさしかかっている。

昨年2月のマイナス金利政策による運用難が逆風となり、各社は販売停止や保険料引き上げに動いた。

この結果、16年4~12月に日本生命保険の販売額は2358億円と前年同期比で51%減少。

第一生命ホールディングスで銀行窓販を担う第一フロンティア生命保険も7238億円と半減した。

今後も販売再開は難しいとの見方が大勢だ。

(日本経済新聞 2017/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    5.営業話法

    人はテクニックで翻弄されることを嫌います。 真実の言葉で語られて始めて心を動かされます。 心…
  2. 2018-5-23

    総合職の賃金制度統一 ひまわり生命、エリア職の待遇上げ

    損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険は7月から、総合職約2100人の賃金制度を統一する。 転勤のな…
  3. 2018-1-22

    保険金支払い 査定はAIで 明治安田 4月にも

    ​明治安田生命の根岸秋男社長が、保険金や人口知能(AI)を活用し、業務の効率化を進めて査定業務の時間…
  4. 2017-2-24

    ②アプローチブック

    ファーストアプローチで使うツールとしてアプローチブックがあります。 生命保険各社が用意しているもの…
  5. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る