日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を実施する方針だ。

会社側が7日、労働組合に案を提示。

年齢に応じて給与が上がる定期昇給部分を含めると、3・2%の賃上げに相当するという。

月額で1000円の賃金を改善する。

ベア実施は1995年度以来、23年ぶり。

本社や支社に勤務する内勤職員が対象になる。

一時金(ボーナス)は17年度比3%程度を引き上げるとみられる。

日生はすでに全国に約5万人いる営業職員の成果給も5年連続で引き上げる方針を組合に示している。

明治安田生命保険はベアは見送り、営業職員と内勤の計4万人を対象に、一時金の引き上げを検討している。

第一生命ホールディングス(HD)は今春、報酬として自社株を給付する仕組みを非正規社員を含む1万7000人を対象に導入する。

人事評価制度の見直しなどと合わせて、実質3%の賃上げをする見通しだ。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-2

    がんゲノム医療 4月から本格実施 連携病院100カ所、体制整う 遺伝子変異に対応した薬で撃退

    ​厚生労働省は1日から、がん患者の遺伝子を調べて治療を行う「がんゲノム(遺伝情報)医療」を本格的に導…
  2. 2017-10-11

    11月8日はレントゲンの日

    X線は、1895年ドイツの物理学者 ヴィルヘルム・レントゲン博士により偶然発見されました。 真空管…
  3. 2018-5-31

    介護保険法改正に伴う被保険者への負担

    満40歳以上の方が毎月納める介護保険料。 介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるよう社会全…
  4. 2017-11-16

    どう増やす?どう守る?

    ファイナンシャルプランナーとは、読んで字のごとく、ファイナンスの、プランナーです。 お客様の、収支…
  5. 2018-4-16

    異能の新卒 求める金融

    大手金融機関は、幹部候補となるゼネラリストを大量に確保する従来の新卒採用を見直し、とがった「異能人材…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る