日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を実施する方針だ。

会社側が7日、労働組合に案を提示。

年齢に応じて給与が上がる定期昇給部分を含めると、3・2%の賃上げに相当するという。

月額で1000円の賃金を改善する。

ベア実施は1995年度以来、23年ぶり。

本社や支社に勤務する内勤職員が対象になる。

一時金(ボーナス)は17年度比3%程度を引き上げるとみられる。

日生はすでに全国に約5万人いる営業職員の成果給も5年連続で引き上げる方針を組合に示している。

明治安田生命保険はベアは見送り、営業職員と内勤の計4万人を対象に、一時金の引き上げを検討している。

第一生命ホールディングス(HD)は今春、報酬として自社株を給付する仕組みを非正規社員を含む1万7000人を対象に導入する。

人事評価制度の見直しなどと合わせて、実質3%の賃上げをする見通しだ。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-16

    ガンになった場合の2つのリスク

    身近な病気と言われている「がん」についてのお話 現代では、おおよそ2人に1人が、がんと診断され、約…
  2. 2017-5-24

    お客さまに「あなたに任せる」と言わせる快感

    ~お客さまに「あなたに任せる」と言わせる快感~ ゴールは、オーダーメイドの総合保障提案の加入と紹介…
  3. 2018-3-2

    住生が代理店販売倍増

    住友生命保険は商品を拡充し、保険ショップや金融機関窓口など代理店を通じた保険販売を拡大する。 子会…
  4. 2018-5-31

    地域銀 法人保険の推進強化

    地域銀行は、法人保険の提案を積極化させる。 本業での収益確保が厳しいなか、役務収益の新たな柱に育て…
  5. 2018-3-2

    新卒採用に“AI面接官”登場

    ​来年春に卒業予定の大学3年生らに向けた主要企業による会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的に…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る