日生、23年ぶりベア、内勤対象、月1000円改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2018年の春季労使交渉で、総合職など約1万8000人の社員を対象に、23年ぶりとなるベースアップ(ベア)を実施する方針だ。

会社側が7日、労働組合に案を提示。

年齢に応じて給与が上がる定期昇給部分を含めると、3・2%の賃上げに相当するという。

月額で1000円の賃金を改善する。

ベア実施は1995年度以来、23年ぶり。

本社や支社に勤務する内勤職員が対象になる。

一時金(ボーナス)は17年度比3%程度を引き上げるとみられる。

日生はすでに全国に約5万人いる営業職員の成果給も5年連続で引き上げる方針を組合に示している。

明治安田生命保険はベアは見送り、営業職員と内勤の計4万人を対象に、一時金の引き上げを検討している。

第一生命ホールディングス(HD)は今春、報酬として自社株を給付する仕組みを非正規社員を含む1万7000人を対象に導入する。

人事評価制度の見直しなどと合わせて、実質3%の賃上げをする見通しだ。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…
  2. 2017-2-21

    4.本気で伝えたいことは、11回話してみる

    人は、あなたの話を鵜呑みにはしてくれません。 最初は疑ってかかります。同じ話を何度か聞いているうち…
  3. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…
  4. 2017-2-21

    2.人は「みんながそうしている」ことに納得する

    人は自分の頭で物事を判断しません。 一般的にはこうですとか、皆さんがこうおっしゃっていますとか言わ…
  5. 2018-2-26

    生保各社、生き残りかけ販売競争

    長寿化に伴い、生命保険各社で保険料率を見直す動きが広がっている。 保険金の支払い負担が減っている死…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る