保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増ししたりする保険だ。

3年ごとに保険料が変動する。

スポンサーリンク


これまでの保険商品では実年齢と性別でほぼ自動的に保険料が決まる。

どのように健康年齢を割り出しているのか。

入力するのはBMIや血圧、尿たんぱく、血中脂質など健診結果に記載されている8~9項目の数値。

提携している日本医療データセンターが持つ匿名化された約160万人分の健診結果や診療報酬明細書などのビッグデータを活用する。

そこから各項目の数値の大小と、がんや糖尿病など七大生活習慣病の発症との相関関係を分析する。

ただ、単に他社のビッグデータを借用しているわけではない。

血圧や血中脂肪などの数値を単独でみるのか、どの項目により比重をおいてみるのかで結果は異なるからだ。性別によっても入力する項目が変わる。

 

(日本経済新聞 2017/06/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-7

    上智大と組み長期インターン

    第一生命ホールディングスは約1か月間の長期インターンシップ(就労体験)制度を導入する。 ​まず上智…
  2. 2017-12-19

    極端なダイエットはリバウンド体質を招く

    危険なダイエット法!あなたは大丈夫? 流行しては消えていくさまざまなダイエット法やダイエット食品。…
  3. 2017-8-29

    保険料歩数で還付

    「相互扶助」から「リスク管理」へ ​「キャッシュバックまであと1日平均8566歩」。 スポン…
  4. 2017-2-28

    3.知識とスキル (3)交渉スキル(4)活動管理スキル(5)意識付けスキル

    (3)交渉スキル どのようなビジネスにおいても、営業は、成果を挙げるために心理学を徹底活用していま…
  5. 2017-3-3

    2.生活水準保障についての考え方

    人生には、第3のリスクがあります。 死亡、長生き、そして、それは「収入減のリスク」、働けなくなった…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る