保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増ししたりする保険だ。

3年ごとに保険料が変動する。

スポンサーリンク


これまでの保険商品では実年齢と性別でほぼ自動的に保険料が決まる。

どのように健康年齢を割り出しているのか。

入力するのはBMIや血圧、尿たんぱく、血中脂質など健診結果に記載されている8~9項目の数値。

提携している日本医療データセンターが持つ匿名化された約160万人分の健診結果や診療報酬明細書などのビッグデータを活用する。

そこから各項目の数値の大小と、がんや糖尿病など七大生活習慣病の発症との相関関係を分析する。

ただ、単に他社のビッグデータを借用しているわけではない。

血圧や血中脂肪などの数値を単独でみるのか、どの項目により比重をおいてみるのかで結果は異なるからだ。性別によっても入力する項目が変わる。

 

(日本経済新聞 2017/06/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-8

    日本における介護の実態

    介護の現状を見る中で、どのようなリスクやニーズがあるのか、考えて見たいと思います。 要介護、要支援…
  2. 2017-8-3

    意見交換会で提起した論点を公表

    金融庁は​7月7日、業界団体との意見交換会で提起した論点を公表した。 生保協会及び生損保両協会共通…
  3. 2017-4-27

    三井住友海上 検査アプリ好評

    三井住友海上火災保険が提供する睡眠時無呼吸症候群(SAS)予兆チェックサービスの導入企業が開始後1年…
  4. 2018-2-5

    生活習慣病でも保険加入OK

    ​​生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。 かんぽ生命保険は契約者の病歴など…
  5. 2017-12-7

    保険4社の約款に「遺伝」情報

    日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る