保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増ししたりする保険だ。

3年ごとに保険料が変動する。

スポンサーリンク


これまでの保険商品では実年齢と性別でほぼ自動的に保険料が決まる。

どのように健康年齢を割り出しているのか。

入力するのはBMIや血圧、尿たんぱく、血中脂質など健診結果に記載されている8~9項目の数値。

提携している日本医療データセンターが持つ匿名化された約160万人分の健診結果や診療報酬明細書などのビッグデータを活用する。

そこから各項目の数値の大小と、がんや糖尿病など七大生活習慣病の発症との相関関係を分析する。

ただ、単に他社のビッグデータを借用しているわけではない。

血圧や血中脂肪などの数値を単独でみるのか、どの項目により比重をおいてみるのかで結果は異なるからだ。性別によっても入力する項目が変わる。

 

(日本経済新聞 2017/06/08)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-11

    健康経営支援、埼玉県と連携 アクサ生命

    アクサ生命保険は埼玉県と県内企業の健康経営の取り組みを推進する連携協定を6日に結んだ。 県内に14…
  2. 2017-4-17

    第一生命、詐欺防止へ福岡市と協定

    第一生命保険は14日、営業職員を活用して、高齢者らの詐欺や悪質商法の被害を防止するための協定を福岡市…
  3. 2017-12-13

    AIに淘汰されない保険ビジネスを目指す

    据置&携帯の両タイプで遊べる「ニンテンドースイッチ」が爆発的ヒット ニンテンドースイッチ、1千万台…
  4. 2017-9-20

    「健康増進サポートプロジェクト」生命保険協会が発表!

    「健康増進サポートプロジェクト」 スポーツを通じた健康増進を促すための取り組みを進めることにより、…
  5. 2017-6-21

    健保 生保が助っ人(明治安田や日生 従業員の健康指導)

    生命保険会社が企業や健康保険組合向けに、医療データを活用して従業員の健康改善を指導するサービスを相次…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る