日生、営業ノウハウ移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で共同開発した営業管理システムを導入する。

日生のノウハウを基に開発したシステムを導入することで、セクイスライフの生産性を引き上げ、企業価値の向上につなげる。

スポンサーリンク


営業管理システムは営業職員のスケジュール、管理リスト、過去の提案内容、業績確認などを一元管理できる。

営業活動の「見える化」により、上司が的確なアドバイスをできるようにする。

また、日生で効果が実証されているテレフォンアポインター(テレアポ)・面談の演習を実施するなど、営業職員の活動の質と量を向上させる取り組みも行っている。

その結果、一部拠点では新契約件数が2倍になるなど、一定の効果が出た。

(日刊工業新聞  2017/06/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-10

    米成長鈍化でも上昇続く(かんぽ生命保険常務執行役 立花淳氏)

    かんぽ生命が運用体制を大きく変えている。 第一生命と提携してから1年がたち、株式の自家運用に乗り出…
  2. 2017-5-22

    損保3G、当期最高益

    大手損害保険グループ3社は、2018年3月期に6期連続となる当期利益の過去最高更新を目指す。​ 株…
  3. 2018-5-18

    保障性商品の充実急ぐ 明治安田生命社長 根岸秋男氏

    明治安田生命保険は、2017年に始めた中期経営計画が2年目に入った。 18年3月期連結決算は米国子…
  4. 2017-9-20

    「健康増進サポートプロジェクト」生命保険協会が発表!

    「健康増進サポートプロジェクト」 スポーツを通じた健康増進を促すための取り組みを進めることにより、…
  5. 2017-6-21

    外貨建て保険に太陽生命が参入

    T&Dホールディングス傘下の太陽生命保険は7月から、外貨建ての個人年金保険の取り扱いを始める。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る