日生、営業ノウハウ移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で共同開発した営業管理システムを導入する。

日生のノウハウを基に開発したシステムを導入することで、セクイスライフの生産性を引き上げ、企業価値の向上につなげる。

スポンサーリンク


営業管理システムは営業職員のスケジュール、管理リスト、過去の提案内容、業績確認などを一元管理できる。

営業活動の「見える化」により、上司が的確なアドバイスをできるようにする。

また、日生で効果が実証されているテレフォンアポインター(テレアポ)・面談の演習を実施するなど、営業職員の活動の質と量を向上させる取り組みも行っている。

その結果、一部拠点では新契約件数が2倍になるなど、一定の効果が出た。

(日刊工業新聞  2017/06/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-2-13

    共済、4大生保しのぐ存在感、顧客満足度ランキング、手ごろ・シンプルな商品に支持

    日本経済新聞社は全国の生命保険会社や共済の契約者を対象に、顧客満足度調査を実施した。 前回に続き、…
  2. 2017-2-21

    3.生命保険販売で社会的証明の原理を利用してみる

    社会的証明のもっとも使いやすい例が、「お客さまの声」です。 人は商品を販売している会社側の人間の言…
  3. 2017-7-10

    長寿化 変わる保険(来春にも料率改定)

    ​今や人生80年とも90年ともいわれる長寿社会となった。 それを受け、生命保険各社は来春にも保険…
  4. 2017-4-21

    明治安田生命 商品説明で社内検定

    明治安田生命保険は8月に予定する同社初の外貨建て保険の販売にあたり、社内の営業職員を対象に専用の検定…
  5. 2017-3-7

    仕事ができる人できない人  

    仕事ができるとか仕事ができないという評価はどのようにして定まってゆくのでしょうか? はっきりしてい…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る