日生、営業ノウハウ移植

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険は2017年度中に、出資先であるインドネシアのセクイスライフの全拠点約200カ所に両社で共同開発した営業管理システムを導入する。

日生のノウハウを基に開発したシステムを導入することで、セクイスライフの生産性を引き上げ、企業価値の向上につなげる。

スポンサーリンク


営業管理システムは営業職員のスケジュール、管理リスト、過去の提案内容、業績確認などを一元管理できる。

営業活動の「見える化」により、上司が的確なアドバイスをできるようにする。

また、日生で効果が実証されているテレフォンアポインター(テレアポ)・面談の演習を実施するなど、営業職員の活動の質と量を向上させる取り組みも行っている。

その結果、一部拠点では新契約件数が2倍になるなど、一定の効果が出た。

(日刊工業新聞  2017/06/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-4

    インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

    ​日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち…
  2. 2018-3-14

    生保、増配・値下げ広がる

    第一生命保険、富国生命保険など生命保険各社で、長寿化に伴う利益を契約者に還元する動きが広がっている。…
  3. 2017-2-21

    2.ダンドリと目標設定

    人は本当に望むことを実現したいときは、具体的に行動を考え、検討し、入念な準備をします。 この準備の…
  4. 2018-5-31

    生保、外債運用に活路、前期、第一生命など13グループ増益

    国内の主な生命保険会社16グループの2018年3月期決算が25日、出そろった。 マイナス金利政策に…
  5. 2017-8-22

    がん検診 5年ごとに無償 伊藤忠 40歳以降社員、早期発見へ

    伊藤忠商事は21日、社員のがん予防・治療対策を拡充すると発表。 国立がん研究センター中央病院と提携…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る