インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち出した。

企画部を担当する三笠裕司・常務執行役員に今後の注力分野を聞いた。

20年までの4カ年計画にした理由は。

◆低金利環境が(収益面に)重くのしかかる中だからこそ、より長期のビジョンを持つ計画にしました。

スポンサーリンク



具体的には、20年度末までに

▽保有年換算保険料を16年度末比8%増▽お客さま数1400万人(16年末は1174万人)

▽グループ事業純利益700億円(同263億円)▽自己資本積み立て6.5兆円(同5.3兆円)の目標を掲げます。

注力分野は。

◆一つは商品開発です。さまざまな保障ニーズにどこまできめ細かく対応できるかが、収益安定策として問われてきます。

また、「子育て支援」「ヘルスケア」「高齢社会対応」といった社会課題に保険商品の枠を超えて対応するサービス「保険+α(プラスアルファ)」の提供を目指します。

(毎日新聞 2017/04/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-3-7

    日生、700万人に増配、死亡率低下、300億円還元

    ​​日本生命保険は2017年度決算で個人保険の契約者の配当を300億円増やす方針を固めた。 対象は…
  2. 2017-4-21

    「生命保険販売の心理学」~心が動けば欲しくなる

    生命保険販売の心理学 人の心を動かし購買行動を喚起する はじめ…
  3. 2017-2-21

    5.生命保険はニーズ販売商品

    購買者心理によれば、日用雑貨のように必要があって購入するものは、比較販売商品といいます。 例えばト…
  4. 2018-2-26

    明治安田、300万人に増配、死亡率低下分還元、他の生保追随も

    明治安田生命保険は2017年度分の個人保険の契約者配当を増やす方針を固めた。 総額約70億円と11…
  5. 2018-11-12

    外貨保険、中途解約リスク

    ​退職金などのまとまったお金で貯蓄性の外貨建て保険を契約する人が増えている。 米ドル、豪ドルといっ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る