インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち出した。

企画部を担当する三笠裕司・常務執行役員に今後の注力分野を聞いた。

20年までの4カ年計画にした理由は。

◆低金利環境が(収益面に)重くのしかかる中だからこそ、より長期のビジョンを持つ計画にしました。

スポンサーリンク



具体的には、20年度末までに

▽保有年換算保険料を16年度末比8%増▽お客さま数1400万人(16年末は1174万人)

▽グループ事業純利益700億円(同263億円)▽自己資本積み立て6.5兆円(同5.3兆円)の目標を掲げます。

注力分野は。

◆一つは商品開発です。さまざまな保障ニーズにどこまできめ細かく対応できるかが、収益安定策として問われてきます。

また、「子育て支援」「ヘルスケア」「高齢社会対応」といった社会課題に保険商品の枠を超えて対応するサービス「保険+α(プラスアルファ)」の提供を目指します。

(毎日新聞 2017/04/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  2. 2017-2-22

    相続・生前贈与の生命保険活用 目次

    相続・生前贈与の生命保険活用  目次 Ⅰ. 相続の基本   1.相続および相続税法改正の背景 …
  3. 2017-2-21

    1.「何のために?」を答えられるか

    「あなたは何のために生命保険営業の仕事をしているのですか?」 私がこう問いかけます。 あなた…
  4. 2017-5-19

    エヌエヌ生命 中小経営リスクRPG化

    ゲームで中小企業の経営を勉強ー。 エヌエヌ生命保険は、中小企業が抱える経営リスクについて手軽に学べ…
  5. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る