インタビュー最前線 日本生命 三笠裕司 常務執行役員 保険の枠超え対応も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は2017年度末までの中期経営計画を1年前倒しで見直し、今年4月から新たな4カ年計画を打ち出した。

企画部を担当する三笠裕司・常務執行役員に今後の注力分野を聞いた。

20年までの4カ年計画にした理由は。

◆低金利環境が(収益面に)重くのしかかる中だからこそ、より長期のビジョンを持つ計画にしました。

スポンサーリンク



具体的には、20年度末までに

▽保有年換算保険料を16年度末比8%増▽お客さま数1400万人(16年末は1174万人)

▽グループ事業純利益700億円(同263億円)▽自己資本積み立て6.5兆円(同5.3兆円)の目標を掲げます。

注力分野は。

◆一つは商品開発です。さまざまな保障ニーズにどこまできめ細かく対応できるかが、収益安定策として問われてきます。

また、「子育て支援」「ヘルスケア」「高齢社会対応」といった社会課題に保険商品の枠を超えて対応するサービス「保険+α(プラスアルファ)」の提供を目指します。

(毎日新聞 2017/04/03)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-11-10

    セカンドオピニオンで失明の危機を回避

    糖尿病で専門医の受診が人生を変えた事例 目の具合が悪くなってから2年、経過観察のみで不安があった。…
  2. 2018-6-7

    日生、「かんぽ越え」秒読み

    日本生命保険の業容が、長らく首位だったかんぽ生命保険を追い抜きつつある。 2018年3月期決算では…
  3. 2017-2-22

    3.法人のニーズ

    まずは、法人のニーズをしっかり把握しないといけません。 そうしないと何のための生命保険に加入するの…
  4. 2017-8-10

    「健康年齢」に基づき保険料 第一生命グループ

    ​第一生命グループは保険の販売代理店を通じ、20~30代の若い世代の顧客取り込みを強化する。 被保…
  5. 2017-11-28

    保険はあくまでパーツ

    保険はあくまでパーツ、お客様が真に求めているのは安心です。 ・ライフプランニングは重要だと思うがや…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る