第一生命、米で2000億円 保険事業単位で買収検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスは米国で、最大2000億円程度の事業買収を進める。

米国子会社のプロテクティブが中心となり、企業自体を買収するM&Aではなく、保険ブロック(定期保険の保有契約群)や事業単位での買収を検討する。

米国では法人税減税の追い風もあり、事業買収で現地での事業基盤を固める。

企業買収に伴う、のれん代が高騰しており企業自体の買収は想定していない。

一方、保険ブロック買収は買収の翌年から利益計上できるメリットがある。

(日刊工業新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-7

    都・民間、分野またぎ協定、健康増進や働き方、まず第一生命と

    東京都は民間企業・団体と複数の政策分野にまたがって連携を進める「ワイドコラボ協定」と呼ぶ取り組みを始…
  2. 2017-7-5

    生保3社が総代会 各社中計の進捗説明

    日本生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険の大手生保3社は4日、株式会社の株主総会に相当する総代会…
  3. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…
  4. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  5. 2018-11-16

    第一生命HD、保険料収入17%増 4~9月

    第一生命ホールディングスが14日発表した2018年4~9月期決算 売上高に相当する連結保険料等収入…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る