第一生命、米で2000億円 保険事業単位で買収検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスは米国で、最大2000億円程度の事業買収を進める。

米国子会社のプロテクティブが中心となり、企業自体を買収するM&Aではなく、保険ブロック(定期保険の保有契約群)や事業単位での買収を検討する。

米国では法人税減税の追い風もあり、事業買収で現地での事業基盤を固める。

企業買収に伴う、のれん代が高騰しており企業自体の買収は想定していない。

一方、保険ブロック買収は買収の翌年から利益計上できるメリットがある。

(日刊工業新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-31

    ゆうちょ銀・かんぽ 資産運用会社を新設

    ​ゆうちょ銀行とかんぽ生命は30日、PE(プライベート・エクイティ)ファンド運用会社を2月9日に設立…
  2. 2017-2-27

    3.最初に安い商品を売ることは有効か

    化粧品などの宣伝で、本来5,000円の商品が、今だけ500円で2週間分の試供品を提供しますというよう…
  3. 2018-8-3

    日生、「税務基本方針」策定 大手生保で初

    日本生命保険は31日、「税務基本方針」を策定したと発表した。 国内市場の低金利で海外取引が増える中…
  4. 2017-6-8

    保険料 健康に応じて変動(Behind the Curtain金融商品値決めの舞台裏)

    ネオファースト生命が大手生保で初めて商品化したのは、健康状態に応じて保険料を割り引いたり割り増しした…
  5. 2017-3-2

    3月2日は「少額短期保険(ミニ保険)の日」

    設立から10年がたった日本少額短期保険協会は、3(ミ)月2(ニ)日を「少額短期保険(ミニ保険)の日」…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る