第一生命、米で2000億円 保険事業単位で買収検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスは米国で、最大2000億円程度の事業買収を進める。

米国子会社のプロテクティブが中心となり、企業自体を買収するM&Aではなく、保険ブロック(定期保険の保有契約群)や事業単位での買収を検討する。

米国では法人税減税の追い風もあり、事業買収で現地での事業基盤を固める。

企業買収に伴う、のれん代が高騰しており企業自体の買収は想定していない。

一方、保険ブロック買収は買収の翌年から利益計上できるメリットがある。

(日刊工業新聞 2018/01/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    6.法人保険のアプローチ

    社長に響かない3つの言葉 ・保険の見直しをしませんか? ・保障内容の確認をしませんか? ・…
  2. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …
  3. 2017-8-16

    生保各社 無料の健康増進アプリ提供

    ​生命保険会社が健康増進のためのスマートフォン用の無料アプリを提供している。 契約者でなくても使え…
  4. 2017-6-5

    出生数 初の100万人割れ 16年、出生率も低下1.44

    厚生労働省が2日発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子どもの数(出生数)は97万697…
  5. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る