2100人分業務 5年で削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。

業務を自動化するロボティクスの活用などを進め、浮いた人員を保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インステック」など成長分野に再配置する。



​生保業界では顧客の高齢化で契約確認などの業務が増えている。

事務作業を効率化し、顧客との関係強化や収益部門に人材を振り向ける。

近く発表する新しい中期経営計画に人材配置見直しを盛る。

今後5年間で段階的に再配置を進め、全国に約4万人いる営業職員を除くと、従業員約1万人の約2割の業務に相当する。

第一生命は、17年10月から「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶソフトを使った効率化に着手。

すでに150人分の業務効率化のメドをつけた。RPAの活用に加え、給付金支払いなど各種手続きのデジタル化や、働き方改革による業務見直しなども進める。

(日本経済新聞 2018/03/28)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-22

    明治安田 健康経営支援で基本合意

    健康関連ITベンチャーのFiNC(フィンク、東京都千代田区)と明治安田生命保険 両社は、21日、企…
  2. 2017-11-22

    不妊治療サポート保険 日生、販売5000件

    ​日本生命が2016年に発売した国内初の不妊治療保険「シュシュ」が堅調な売れ行きを見せている。 若…
  3. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …
  4. 2017-12-13

    外貨建て保険 相次ぎ参入戦国時代

    日銀のマイナス金利清濁などに端を発する歴史的な超低金利環境を受け、生命保険会社は4月に保険の運用利回…
  5. 2018-2-5

    生活習慣病でも保険加入OK

    ​​生命保険業界で医療ビッグデータを活用する動きが広がってきた。 かんぽ生命保険は契約者の病歴など…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る