2100人分業務 5年で削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。

業務を自動化するロボティクスの活用などを進め、浮いた人員を保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インステック」など成長分野に再配置する。



​生保業界では顧客の高齢化で契約確認などの業務が増えている。

事務作業を効率化し、顧客との関係強化や収益部門に人材を振り向ける。

近く発表する新しい中期経営計画に人材配置見直しを盛る。

今後5年間で段階的に再配置を進め、全国に約4万人いる営業職員を除くと、従業員約1万人の約2割の業務に相当する。

第一生命は、17年10月から「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶソフトを使った効率化に着手。

すでに150人分の業務効率化のメドをつけた。RPAの活用に加え、給付金支払いなど各種手続きのデジタル化や、働き方改革による業務見直しなども進める。

(日本経済新聞 2018/03/28)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-4

    保険各社、スリム化急ぐ

    保険各社が人口減少の加速を見据え、業務体制のスリム化を急ぐ。 ​MS&ADインシュアランス…
  2. 2017-3-2

    ②お金をふやす

    3つのテーマですが、最初『ふやす』というところから見ていきます。 ふやす時に、ここで大事なのは、『…
  3. 2017-5-22

    保険料が全額戻る医療保険も

    4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。 保…
  4. 2018-8-30

    「かけつけ隊」一万人に増員 太陽生命

    太陽生命保険は、内勤職員が保険契約者や家族を直接訪問し、必要書類の代筆やモバイル端末を利用した簡易的…
  5. 2017-5-19

    大同生命 ユニバーサルマナー検定3級取得

    大同生命保険は、障害者や高齢者らをはじめ顧客一人一人の視点に立った行動の実践に向け、日本ユニバーサル…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る