2100人分業務 5年で削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。

業務を自動化するロボティクスの活用などを進め、浮いた人員を保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インステック」など成長分野に再配置する。



​生保業界では顧客の高齢化で契約確認などの業務が増えている。

事務作業を効率化し、顧客との関係強化や収益部門に人材を振り向ける。

近く発表する新しい中期経営計画に人材配置見直しを盛る。

今後5年間で段階的に再配置を進め、全国に約4万人いる営業職員を除くと、従業員約1万人の約2割の業務に相当する。

第一生命は、17年10月から「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶソフトを使った効率化に着手。

すでに150人分の業務効率化のメドをつけた。RPAの活用に加え、給付金支払いなど各種手続きのデジタル化や、働き方改革による業務見直しなども進める。

(日本経済新聞 2018/03/28)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-7

    「父親に」所さんV4 父の日アンケート

    日本生命が6日、発表した「父の日」アンケートで、所ジョージさんが4年連続で「父親にしたい有名人」の首…
  2. 2017-3-23

    インタビュー最前線 太陽生命 田中勝英社長 認知症治療 保障も予防も

    昨年3月、認知症の治療を支援する「ひまわり認知症治療保険」を発売した太陽生命保険の田中勝英社長に、商…
  3. 2017-5-17

    500万人の医療データ分析(日生、企業向け健康支援)

    日本生命は野村総合研究所、リクルートホールディングスと連携し、医療データを使った健康支援サービスを始…
  4. 2017-3-16

    イメージを変える

    「生命保険事業の姿を180度変える革新的なプロジェクトが始動した」 ・・・と語るのは、住友生命保険…
  5. 2017-6-23

    健康管理アプリ生損保から続々

    生損保各社が保険商品を補完するスマートフォンのヘルスケアアプリを相次ぎ投入している。​ 高齢化社会…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る