2100人分業務 5年で削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングス(HD)は2023年までに2100人分の業務を削減する方針だ。

業務を自動化するロボティクスの活用などを進め、浮いた人員を保険とIT(情報技術)を組み合わせた「インステック」など成長分野に再配置する。



​生保業界では顧客の高齢化で契約確認などの業務が増えている。

事務作業を効率化し、顧客との関係強化や収益部門に人材を振り向ける。

近く発表する新しい中期経営計画に人材配置見直しを盛る。

今後5年間で段階的に再配置を進め、全国に約4万人いる営業職員を除くと、従業員約1万人の約2割の業務に相当する。

第一生命は、17年10月から「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ぶソフトを使った効率化に着手。

すでに150人分の業務効率化のメドをつけた。RPAの活用に加え、給付金支払いなど各種手続きのデジタル化や、働き方改革による業務見直しなども進める。

(日本経済新聞 2018/03/28)



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-5

    生協健保 解散を検討

    全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ…
  2. 2017-2-21

    空中給油

    はじめに・・・「空中給油」の話 沖縄のオスプレイの話ではありません。 私は、生命保険業に携わ…
  3. 2017-12-19

    海外臓器移植に保険給付

    厚生労働省は、海外での臓器移植手術を公的保険の給付対象にする方針を決めた。 現在は全額自己負担で、…
  4. 2017-10-25

    「肝機能障害」 「肝炎ウイルスキャリア」 「急性肝炎」 「慢性肝炎」 沈黙の臓器! 肝臓疾患を徹底解説

    肝臓はなんと500以上の機能を持つ重要な臓器です。 そんな働き者の肝臓は、多少のダメージを受けたく…
  5. 2018-7-10

    生保協会、高齢者支援団体に資金助成

    生命保険協会は2日、高齢者の健康管理や自立支援に取り組むNPO法人やボランティア団体に計500万円を…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る