第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。

月内にも現地に100%子会社を設け、2018年度中の営業開始を目指す。

日系生保がカンボジアに直接子会社を立ち上げるのは初めて。

今後の経済成長を見込み、保険普及率の向上が期待できる東南アジアでいち早く根を張る狙いがある。

月内にも首都プノンペンに子会社を設立し、事業拡大に向け40億円程度を段階的に出資する。

まずは現地の銀行経由で保険を販売するルートを開拓する。

18年度中の営業開始を目指しており、窓販と個人による代理店販売をあわせて100人程度の現地人員を確保する。

主に死亡保障などを備えた貯蓄性商品の販売を想定する。

第一生命HDは06年度に現地企業を買収してベトナムに進出し、東南アジア地域での事業基盤の拡大に力を入れている。

日系生保では日本生命保険が出資しているタイのバンコクライフが17年にカンボジアの生保市場に参入した。

カンボジアは比較的若い世代が多く、中長期的に高い経済成長が見込めるという。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-21

    認知症 保険で備え

    ​8年後には、65歳以上の5人に1人が発症するとされる認知症。 認知症でない人に比べて介護費用がか…
  2. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  3. 2017-4-12

    太陽生命 認知症診断書の記入手引き作成

    太陽生命保険は11日、認知症保険の給付金支払いに必要な診断が円滑に行えるよう、医師向けに「診断書記入…
  4. 2018-4-4

    カーディフ生命 住友生命が出資

    住友生命保険はカーディフ生命保険に出資する方針だ。 ​出資額は明らかにしていないが、同社の株式5%…
  5. 2018-9-13

    変わる働き方/損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険、同水準で社員の意欲向上

    「基幹職」で仕事・報酬区分を撤廃 / 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険の取り組みは日本社会になじ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る