第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。

月内にも現地に100%子会社を設け、2018年度中の営業開始を目指す。

日系生保がカンボジアに直接子会社を立ち上げるのは初めて。

今後の経済成長を見込み、保険普及率の向上が期待できる東南アジアでいち早く根を張る狙いがある。

月内にも首都プノンペンに子会社を設立し、事業拡大に向け40億円程度を段階的に出資する。

まずは現地の銀行経由で保険を販売するルートを開拓する。

18年度中の営業開始を目指しており、窓販と個人による代理店販売をあわせて100人程度の現地人員を確保する。

主に死亡保障などを備えた貯蓄性商品の販売を想定する。

第一生命HDは06年度に現地企業を買収してベトナムに進出し、東南アジア地域での事業基盤の拡大に力を入れている。

日系生保では日本生命保険が出資しているタイのバンコクライフが17年にカンボジアの生保市場に参入した。

カンボジアは比較的若い世代が多く、中長期的に高い経済成長が見込めるという。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-8-16

    生保6社で収入減 保険料値上げ響く

    ​生命保険会社7グループの2017年4~6月期決算が9日、出そろった。 売上高に相対する保険料等収…
  2. 2017-4-25

    明治安田生命、新中計始動 商品開発M&A積極化

    明治安田生命保険は2019年度に保険料等収入や基礎利益をそれぞれ20%アップを目指す新たな中期経営計…
  3. 2017-12-14

    乗り合い代理店へ高額手数料 生保各社が自粛方針

    ​生保各社は、保険の乗り合い代理店に対する過度な手数料支払いを自粛する方針を固めた。 自社の商品を…
  4. 2017-2-27

    2.人は得られる物よりも失う恐怖の方が大きい

    生命保険は万が一のリスクを保障でカバーします。 損失を回避するためにこれ以上の商品はありません。3…
  5. 2018-7-31

    がん保険料、企業負担 社員の治療・検診も 仕事続ける環境支援

    がんにかかる従業員の負担を企業がまかなう動きが出ている。 日立キャピタル損害保険は保険料を企業が負…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,667人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る