第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​​

第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。

月内にも現地に100%子会社を設け、2018年度中の営業開始を目指す。

日系生保がカンボジアに直接子会社を立ち上げるのは初めて。

今後の経済成長を見込み、保険普及率の向上が期待できる東南アジアでいち早く根を張る狙いがある。

月内にも首都プノンペンに子会社を設立し、事業拡大に向け40億円程度を段階的に出資する。

まずは現地の銀行経由で保険を販売するルートを開拓する。

18年度中の営業開始を目指しており、窓販と個人による代理店販売をあわせて100人程度の現地人員を確保する。

主に死亡保障などを備えた貯蓄性商品の販売を想定する。

第一生命HDは06年度に現地企業を買収してベトナムに進出し、東南アジア地域での事業基盤の拡大に力を入れている。

日系生保では日本生命保険が出資しているタイのバンコクライフが17年にカンボジアの生保市場に参入した。

カンボジアは比較的若い世代が多く、中長期的に高い経済成長が見込めるという。

(日本経済新聞 2018/03/09)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-31

    三井住友海上 中国で生保

    三井住友海上火災保険は23日、中国の生命保険市場に参入すると発表した。 大手銀行「交通銀行」傘下の…
  2. 2017-4-10

    生保、外貨建てに活路

    ​大手生命保険が外貨建て保険の販売に力を入れている。 ​住友生命保険は月内に最長10年間、払い込ん…
  3. 2018-12-14

    顧客の健康維持をサポート 明治安田生命

    明治安田生命保険の根岸秋男社長 13日までにフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、保険事業を…
  4. 2017-6-23

    健康管理アプリ生損保から続々

    生損保各社が保険商品を補完するスマートフォンのヘルスケアアプリを相次ぎ投入している。​ 高齢化社会…
  5. 2018-4-26

    シニア顧客に専門部隊 生保が高齢者対策

    生命保険各社は「人生100年時代」と言われる高齢社会の進展を見据え、シニア顧客へのサービスを強化して…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る