卓見異見 がんと就労 ライフネット生命保険社長岩瀬大輔 療養離職防ぐ企業体制に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの治療をしながら仕事を続けることは、治療費を稼ぐという経済的意味だけでなく、患者が社会と関わり続けることで、生きる力をみなぎらせる意味も大きい。

がんをはじめ、病気に罹患した従業員が働きやすい環境を整えることは、中長期的に企業の競争力向上につながると言える。
 

​企業がすべきことは、まず、社員の健康に関する意識を高め、がん検診の受信を促進することだ。

次に、がん就労者のニーズに応じた多様な働き方を用意することだ。

第三に、がん就労者を受け入れる周囲のリテラシー向上だ。

がん就労者が生き生きと働ける社会を作るため、ライフネット生命は、「がんと就労」について企業を啓発するプロジェクト「がんアライ部」を発足させた。

情報の発信・共有が、がん患者やその家族の役に立つことを期待している。

(日刊工業新聞 2017/10/23)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-5-8

    三井生命と三井住友信託銀が新商品

    ​三井生命保険と三井住友信託銀行は7日、外貨を円に換算するレートを加入時を基準に固定することで、顧客…
  2. 2018-9-20

    日本生命、「ユニコーン」に100億円投資

    日本生命保険は新たな事業を創出するスタートアップ企業に100億円を投資する。 10月から開始し、今…
  3. 2017-3-10

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい

    世の中、凡人ばかりだから、楽しい。天才はきっとつまらないと思いますよ。 だって毎日何も改善すること…
  4. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  5. 2018-3-9

    第一生命、カンボジア進出、子会社設立、貯蓄性商品を販売

    ​​第一生命ホールディングスはカンボジアに進出する。 月内にも現地に100%子会社を設け、2018…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る