日生、中国でがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。

​加入者ががんになった場合、追加費用なしで日本で治療を受けられる保障がついてくるのが特徴。

スポンサーリンク


中国ではがん患者の増加に伴い、日本での治療を希望する人が増えているという。

外国人に高度医療を提供する医療ツーリズムの需要掘り起こしにもつながるとみている。

日生が3割出資する中国政府系金融との合弁生保「長生人寿」が販売窓口となる。

患者ががんになった場合、日本で治療を受けるのに必要な旅費や滞在費、治療費などを原則として保険金でまかなう仕組み。

 
(日本経済新聞 2017/05/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-7-28

    診断確定で認知症一時金が強み

    これまでの顧客層は30代、40代、50代のファミリー層がかなり多いが、今後,超高齢社会がさらに進んで…
  2. 2018-6-14

    外貨建てシフト続く

    地域金融機関の2017年度下期の「生保窓販実績<終身保険>」(回答ベース)がまとまった。 販売件数…
  3. 2017-11-29

    マツキヨHD、保険販売(第一生命HDと提携)

    ​マツモトキヨシホールディングスと第一生命ホールディングスは業務提携する。 マツモトキヨシHDの…
  4. 2018-8-3

    日本生命、円建て貯蓄性保険を再開

    日本生命保険は1日、円建ての貯蓄性商品の取り扱いを再開した。 日銀がマイナス金利政策を導入したのを…
  5. 2018-11-13

    生保 相次ぎ健康増進型

    ​健康診断や運動を促し顧客に健康になってもらう「健康増進型」の分野に大手生命保険会社が出そろう。 …

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る