日生、中国でがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。

​加入者ががんになった場合、追加費用なしで日本で治療を受けられる保障がついてくるのが特徴。

スポンサーリンク


中国ではがん患者の増加に伴い、日本での治療を希望する人が増えているという。

外国人に高度医療を提供する医療ツーリズムの需要掘り起こしにもつながるとみている。

日生が3割出資する中国政府系金融との合弁生保「長生人寿」が販売窓口となる。

患者ががんになった場合、日本で治療を受けるのに必要な旅費や滞在費、治療費などを原則として保険金でまかなう仕組み。

 
(日本経済新聞 2017/05/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-10

    感情を出して行動すると達成感が生まれる 

    人から与えられた仕事を黙々とこなしていると、いつか「やらされ仕事」ばかりが身の回りに貯まってくること…
  2. 2017-5-29

    生保、健康管理アプリ競う

    スマートフォンの便利なアプリを駆使し、消費者の生活習慣を点検したうえで、万が一のリスクを軽くできない…
  3. 2018-6-5

    生保 豪を収益源に 大同生命、現地企業に出資 日生・第一、海外戦略の中核

    日本の生命保険各社がオーストラリアに熱視線を送っている。 T&Dホールディングス傘下の大同生命保険…
  4. 2017-3-1

    1.社長の生命保険の加入目的

    生命保険の販売について、法人のライフサイクルに着目し、その時期の法人はこういうリスクやニーズがあり、…
  5. 2018-8-27

    第一生命と包括連携 特別区長会 ビジネス交流など

    東京23区で構成する特別区長会は23日、第一生命保険と包括連携協定を結んだ。 23区は都外自治体の…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る