日生、中国でがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命は中国で、富裕層を主な対象とした医療保険を売り出した。

​加入者ががんになった場合、追加費用なしで日本で治療を受けられる保障がついてくるのが特徴。

スポンサーリンク


中国ではがん患者の増加に伴い、日本での治療を希望する人が増えているという。

外国人に高度医療を提供する医療ツーリズムの需要掘り起こしにもつながるとみている。

日生が3割出資する中国政府系金融との合弁生保「長生人寿」が販売窓口となる。

患者ががんになった場合、日本で治療を受けるのに必要な旅費や滞在費、治療費などを原則として保険金でまかなう仕組み。

 
(日本経済新聞 2017/05/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-6-30

    太陽光ファンドに出資 日生100億円大同生命20億円

    日本生命保険と大同生命保険は29日、GEEFSエナジー・ジャパン合同会社が設立した太陽光発電事業向け…
  2. 2017-9-28

    広がる「親介護保険」 別居も補償 離職の抑制期待

    親が要介護になった場合に補償金が支払われる「親介護保険」が広がり始めている。 介護に伴う経済的負担…
  3. 2018-11-22

    認知症保険、生損保競う アプリも提供

    保険各社が、認知症関連の保険商品を相次いで投入している。 平均寿命が延びる中、認知症が「長生き」に…
  4. 2017-2-28

    7.紹介は見込客づくりの最も有効な手法

    紹介でマーケットを無限に拡げる 1人の見込客からご契約をいただくと、その分見込客1人減ります。 …
  5. 2017-2-27

    1.人は権威によって動かされる

    私は、よく人から権威に弱いねなどと揶揄されることがあります。 警察官に声を掛けられたら、ドキッとし…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る