明治安田 中高年の研修に注力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。

働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍が求められる中高年齢層のモチベーションを高める研修に注力、挑戦する意欲をかき立てている。

幅広い経験と専門性の発揮が企業成長に不可欠なためだ。

井福正博副社長は「研修で『まだまだ時間はある』というメッセージを送った。

自身の強みを知って会社に貢献してほしい」と強調した。

1月31日から5回にわたり開催された50歳職員を対象にしたキャリア開発研修。

公募に手を挙げた184人(対象249人)が参加したが、「受講者の表情は最初、暗かった。

どんな研修をするのか戸惑いがあったからで、会社としては『意欲、能力があれば登用していく。

まだ15年もチャンスがある』と伝え、意欲を喚起した」(人事部ダイバーシティ推進室の小本辰之亮主席スタッフ)。

新しいことに挑戦する50歳研修のほか、58歳向けにキャリアデザイン研修を昨年7月に4回実施。

強みやノウハウ、経験をフル活用して会社に貢献するように求めた。

60歳定年後は京都移住を考えていた総合法人業務部事務担当の本郷静子さんは「必要とされるのはうれしい。精いっぱいやると決めた。

第1期生なのでモデルケースとして会社に役立ちたい」と喜ぶ。

現在は60歳定年で退職した職員を1年契約の嘱託として再雇用して65歳までの雇用環境を整備した。

しかし職務が限定される上、給与水準も定年前より大きく下がるため、モチベーションの観点から課題があった。

またボリュームゾーンの中高年齢層の活躍なくして競争力の維持向上が難しくなるとの事情もあり、前向きに挑戦できる環境を用意した。

(フジサンケイビジネスアイ 2018/02/26)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-17

    健康データで保険商品

    経済産業省は、健康データを活用する保険商品の開発支援を始める。​ 生活習慣病の予防法確立などを目的…
  2. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  3. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  4. 2018-11-28

    生保、当面は慎重運用

    利上げ局面にある米金融政策や米中貿易戦争の行方などが読みにくく、金融市場の先行き不透明感は強まってい…
  5. 2018-10-4

    外資生保、日本に熱い視線 2社に聞く

    日本の生命保険市場は、米国に次ぐ世界第2位の規模を持つ。少子高齢化が進む成熟市場だが、実績のある外資…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る