金融庁、新たな検査基準発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融庁は15日、金融機関を検査する際の新しい基準となる「検査・監督基本方針」を発表した。

​金融機関の創意工夫を促すために、融資内容のチェックなどは最低限にとどめることを明記した。

一方、金融機関による厳しい検査の象徴だった「金融検査マニュアル」は2018年度末をめどに廃止する。

検査マニュアルは、金融機関の融資や資産などを細かくチェックし、不良債権をあぶり出すことが目的だった。

ただ、不良債権処理が峠を越すと弊害も目立ってきた。

新方針では、金融機関の健全性を維持するための形式的な検証は最低限にとどめる。

一方、将来起こりうるリスクや、顧客本位の取り組みなどについて同庁検査官と金融機関の対話を増やす方向だ。

(朝日新聞 2017/12/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-24

    ③アフターフォローの重要性

    生命保険は、加入しても直ぐに役に立つことがほとんどないといっても良いほどの珍しい商品です。 そして…
  2. 2017-3-15

    6.申込手続きとポリシーレビュー(証券確認等)

    6、申込手続きとポリシーレビュー(証券確認等) 申込手続きは、ともかく美しく行いましょう。 魅…
  3. 2017-3-8

    終身保険は妻への退職金

    今日は、終身保険の必要性についてお話させていただきたいと思います。 募集人:田中さん、本日は貴重な…
  4. 2018-4-16

    アフラック社長古出真敏氏、事業戦略にスピード感

    アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が今月から、日本法人化し「アフラック生命保険」として再スタ…
  5. 2017-3-6

    3.相続税の負担軽減対策

    非課税財産 ・墓地、仏壇、仏像など日常礼拝の用に供するもの ・死亡保険金のうち一定金額(50…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る