金融庁、新たな検査基準発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融庁は15日、金融機関を検査する際の新しい基準となる「検査・監督基本方針」を発表した。

​金融機関の創意工夫を促すために、融資内容のチェックなどは最低限にとどめることを明記した。

一方、金融機関による厳しい検査の象徴だった「金融検査マニュアル」は2018年度末をめどに廃止する。

検査マニュアルは、金融機関の融資や資産などを細かくチェックし、不良債権をあぶり出すことが目的だった。

ただ、不良債権処理が峠を越すと弊害も目立ってきた。

新方針では、金融機関の健全性を維持するための形式的な検証は最低限にとどめる。

一方、将来起こりうるリスクや、顧客本位の取り組みなどについて同庁検査官と金融機関の対話を増やす方向だ。

(朝日新聞 2017/12/16)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-6

    1.生前贈与の必要性

    相続税と贈与税について 財産を相続すると、その財産には相続税が課税されます。そのため、相続税の負担…
  2. 2017-10-26

    ふるさと納税で、税制優遇メリットを活用しませんか?

    資産を形成するにあたって、支出を減らして手元に残るお金を増やすことは重要な要素です。 その支出の中…
  3. 2018-9-25

    保険会社で健康チェック…血糖値など有料で測定

    ​明治安田生命保険は医療サービス会社「ケアプロ」(東京)と業務提携し、来年1月から、血液検査を中心と…
  4. 2017-11-29

    代理店に迫る淘汰の波 生保が手数料体系見直しへ

    保険業界は大きな変化の時を迎えています。 改正保険業法施行(2016年5月) 顧客本位の業務…
  5. 2017-3-8

    日本における介護の実態

    介護の現状を見る中で、どのようなリスクやニーズがあるのか、考えて見たいと思います。 要介護、要支援…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る