持病があっても「共済」加入可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

病気や死亡時の保障をする共済で、持病があっても健康な人と同様に加入できるタイプの商品が登場している。

一般の生命保険や医療保険では持病で治療中の人は加入できないことが多い。

スポンサーリンク


健康に問題があっても加入できるように条件を緩和したものもあるが保険料は割高になる。

非営利で「助け合い」をうたう共済ならではの商品として注目を集めている。

​全国労働者共済生活共同組合連合会(全労済)は平成28年10月から、高血圧で治療中の人も一定の条件を満たせば医療保障や死亡保障に加入できるように取り扱いを見直した。

主力商品の「こくみん共済」や「新総合共済」「新せいめい共済」が対象だ。

以前は、血圧の降圧剤を服用するなどの治療を受けている人は加入できなかった。今回の見直しで「治療中の人でも過去1年間の血圧が正常な範囲内であれば」(担当者)、健康な人と同じ掛け金(保険料)で加入できるようにした。

担当者は「共済は一般の保険会社に比べ、割安な掛け金を魅力に感じて申し込む人が多い。

できるだけ多くの人が加入できるように、共済金(保険金)を支払う可能性などを総合的に検討して条件を緩めた」と話す。条件緩和で50~60代の加入が伸びているという。

(産経新聞 2017/03/31)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-16

    イメージを変える

    「生命保険事業の姿を180度変える革新的なプロジェクトが始動した」 ・・・と語るのは、住友生命保険…
  2. 2017-5-22

    保険料が全額戻る医療保険も

    4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。 保…
  3. 2017-5-15

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点 実績を出すための公式は、掛け算なんです。 営業の実…
  4. 2017-5-19

    第一生命、米VB支援企業と提携

    第一生命保険が米シリコンバレーでベンチャー企業の支援を手掛けるプラグアンドプレイと提携したことが18…
  5. 2018-5-8

    「サバティカル休暇」制度に注目

    サバティカル休暇制度が注目されています。 一定期間勤続した社員に1ヶ月~1年程度の長期休暇を与える…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る