保険金の請求メールで促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友海上火災保険が、保険金の支払いが発生しそうな加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「LINE(ライン)」を使って保険金請求を促すサービスを25日から始めることが19日、分かった。

請求漏れを防ぐと共に、顧客との接点を増やしでニーズを汲み取り商品開発につなげたい考え。​

スポンサーリンク


保険業界で契約者との接点を増やす取組みが広がっている。

保険はいったん加入すると事故などがない限り、契約者が内容確認をすることもない“入りっぱなし”の状態になりがちだ。

各社が取り組みを進めるのは、過去にそんな契約者心理を利用した「不払い問題」で、信用が失われた苦い経験があるからだ。

生命保険や損害保険など、もしものときのために存在する保険だが、契約内容について細かく熟知している人は少ない。

火災保険だけでも、泥棒被害や買い物中に商品を壊したケースなど、特約を含めると補償範囲は多岐にわたる。

しかし、一般的に保険は契約者が請求しないと保険金は支払われない「請求主義」だ。

平成17、18年ごろには保険会社が契約者に請求できることを伝えずに保険金の支払いを免れる「不払い」が横行し、社会問題にもなった。

問題発覚後、生保各社は営業職員が契約者を定期的に訪問、損保各社は代理店を通じて契約者との接点を増やすなど、契約内容の周知や、請求を促す「請求勧奨」に力を入れているが、理解が十分に進んでいるとは言い難い現状もある。

キャピタスコンサルティングの保険アナリスト、植村信保氏は「多くの人にとって保険はまだとっつきにくく難しい。

契約内容をどう伝えるかはもちろん、商品自体をもっとシンプルにできる余地もある。

各社は本当に顧客本位になっているか、見直し続ける姿勢が必要だ」と話している。

(産経新聞 2017/10/20)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-4-24

    保険と銀行 特性生かすサービス提供

    ソニーフィナンシャルホールディングス社長 石井茂さん、リーダーの素顔にインタビュー 時代の先駆者と…
  2. 2017-11-7

    生保、高齢者に照準 商品・サービス拡充、社会変化へ対応加速

    生命保険会社が高齢者を対象にした商品・サービス展開を拡大している。 長生きするほど多く保険金を受け…
  3. 2017-12-19

    海外臓器移植に保険給付

    厚生労働省は、海外での臓器移植手術を公的保険の給付対象にする方針を決めた。 現在は全額自己負担で、…
  4. 2017-10-26

    保険会社、家事代行と提携(ひまわり生命、料金1割引き)

    ​共働き世帯の増加に伴い、保険会社の間で家事代行業者と提携する動きが広がっている。 損保ジャパン日…
  5. 2018-1-4

    明治安田、新商品2種

    明治安田生命保険は二つの新商品を2018年度に投入する。​ 病気やケガによる短期(1-2年)の休業…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る