石炭火力に投融資 日生、取りやめへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険が二酸化炭素(CO2)排出量が多い石炭火力関連事業への新規の投融資を取りやめる方針を固めたことが12日、分かった。

投資を停止する流れが世界的に拡大していることを考慮した。​

今後はCO2排出量を抑える最先端技術を用いた事業に限定する。​

金融業会では第一生命保険や三井住友銀行が同様の方針を示している。

生保各社は機関投資家としての影響力が大きく、業界最大手の日生の方針は各社に影響を与えそうだ。

(産経新聞 2018/07/13)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-16

    社債投資3年で1.6兆円、明治安田が新中計、医療保険に重心

    ​ 明治安田生命保険は15日、2019年度を最終年度とする3カ年の中期経営計画を発表した。 低金…
  2. 2017-7-25

    「腫瘍」 「肉腫」 「ポリープ」 「異形成」 「悪性リンパ腫」

    それぞれの特徴は? 腫瘍 腫瘍とは、できもの一般を指します。指にできるイボも腫瘍ですし、肉腫、…
  3. 2018-5-2

    日生、資産運用にRPA導入 作業2500時間削減

    日本生命保険は6月から、資産運用業務にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する。…
  4. 2018-6-28

    「自分だけの保険」AI活用し開発 東京海上HD永野毅社長

    東京海上ホールディングスの永野毅社長は日本経済新聞のインタビューで、人工知能(AI)を活用し、個人単…
  5. 2017-12-22

    生保、乗り合い代理店への上乗せ報酬自粛

    生命保険協会が、複数の保険を扱う「乗り合い代理店」に対して通常の手数料とは別に支払う上乗せ報酬を自粛…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る