保険4社の約款に「遺伝」情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金融庁は6日明らかにした。

​日本生命の約款に家族の病歴などの遺伝情報を加入審査に使っていると取られきれない記載があった問題で、金融庁は6日、国内の全ての生命保険、損害保険会社計93社を調べたところ、日生を含む4社の約款に同様の文言が見つかったと明らかにした。

この4社を含む33社では、保険の運用方針を示した社内文書にも問題のある表現が見つかった。

(毎日新聞 2017/12/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-6-14

    外貨保険のリスク説明徹底を

    国内の超低金利環境にもかかわらず、主な生命保険会社の業績が堅調だ。 高めの収益が見込める海外運用を…
  2. 2017-2-20

    生保5社 法人保険の推進強化

    生命保険各社が、地域金融機関と連携して「法人保険」の推進を強化している。 逓増定期保険…
  3. 2018-7-2

    保険金請求漏れ防げ防げ

    ​生命保険各社が高齢者の保険金の請求漏れを減らす取り組みを強化している。 高齢化が一段と進む中、契…
  4. 2018-9-13

    石炭火力に原則融資せず 明治安田、環境に配慮方針

    明治安田生命保険は10月から、石炭火力発電向けの新規の投融資を原則取りやめる。 国内外問わず、…
  5. 2017-5-22

    保険料が全額戻る医療保険も

    4月2日以降に結ぶ契約から、貯蓄性のある生命保険の保険料は、多くのケースで値上がりしています。 保…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る