保険4社の約款に「遺伝」情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命を含む4社の約款に家族の病歴などの遺伝情報を審査に使っていると取られかねない記載があったと金融庁は6日明らかにした。

​日本生命の約款に家族の病歴などの遺伝情報を加入審査に使っていると取られきれない記載があった問題で、金融庁は6日、国内の全ての生命保険、損害保険会社計93社を調べたところ、日生を含む4社の約款に同様の文言が見つかったと明らかにした。

この4社を含む33社では、保険の運用方針を示した社内文書にも問題のある表現が見つかった。

(毎日新聞 2017/12/07)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    3.生命保険はどういう経路で加入するか

    生命保険文化センターによる平成24年度の生命保険に関する全国実態調査によると、生命保険会社の営業職員…
  2. 2017-6-2

    ひまわり生命 全社員対象に郊外療養を導入

    ​損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険が、今年度から全社員を対象に郊外で療養する「クアオルト」を導入…
  3. 2018-1-17

    保険ショップに3割出資(住友生命)

    ​住友生命保険は中堅保険ショップのマイコミュニケーション(名古屋市)に3割強を出資する。 数十億円…
  4. 2017-5-15

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点

    営業がうまくいっていない人の5つの問題点 実績を出すための公式は、掛け算なんです。 営業の実…
  5. 2018-5-18

    生活習慣病保証の「だい杖ぶ」4週間で契約5万件突破

    日本生命保険は、4月2日に販売を始めた生活習慣病に備える商品「だい杖ぶ」(特定重度疾病保障保険)が、…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,664人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る