生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。

年度内にも投資先100社に連名で書簡を送付、ガバナンスや情報開示などに問題がある企業と対話し改善を促す。

4月下旬にも報告書をとりまとめて公表する。

金融庁は昨年5月に改定した機関投資家向けの行動指針の中で共同対話の有効性を指摘している。

日生、第一、明治安田生命保険、住友生命保険の大手4社のほか、かんぽ生命保険、太陽生命保険、大同生命保険、富国生命保険、朝日生命保険、三井生命保険が参加する。

10社合計の株式保有額は約24兆円にのぼる。

3月中にも株主還元率などが一定水準を下回る一部上場企業に対し、共同で書簡を送る。

送付先は明らかにしていないが、小売業や機械、サービス業などのほか、地方銀行も入っているという。機関投資家による共同対話は「集団的エンゲージメント」と呼ばれる。国内では17年度に企業年金連合会が三菱UFJ信託銀行など大手金融4社と連携し、初めて共同対話に着手。海外では英国が14年に開始したのを機に、欧米で取り組みが広がっている。

(日本経済新聞 2018/03/01)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-12

    貯蓄型保険の利回り低下

    異次元緩和で国債の利回りが低下し、債券市場が閑散とする中、影響は身近な金融商品にも出ている。​  …
  2. 2017-12-26

    がん治療 オーダーメイド目指す

    がんのオーダーメイド型医療を国が推進している。 国立がん研究センター中央病院は来月にも、個人ごとに…
  3. 2017-3-3

    ⑤入院時のその他の費用

    入院時食事療養費 入院時の食事は現物給付されますが、一部分の金額は自己負担となります。1食360円…
  4. 2017-3-5

    成果を最大限に挙げるための最高の手段

    マーケットの要求する商品を、お客さま想いの優秀な営業マンが提供する。 これが成果を最大限に挙げるた…
  5. 2017-5-9

    大同生命 HAL治療に無料特約

    大同生命保険は8日、サイバーダインのロボットスーツ「HAL」による治療の保障付き保険商品の取り扱いを…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る