生保タッグで対話強化、日生・第一など10社、投資先に改善促す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本生命保険や第一生命保険など生保10社が、投資先企業との対話強化へ連携する。

年度内にも投資先100社に連名で書簡を送付、ガバナンスや情報開示などに問題がある企業と対話し改善を促す。

4月下旬にも報告書をとりまとめて公表する。

金融庁は昨年5月に改定した機関投資家向けの行動指針の中で共同対話の有効性を指摘している。

日生、第一、明治安田生命保険、住友生命保険の大手4社のほか、かんぽ生命保険、太陽生命保険、大同生命保険、富国生命保険、朝日生命保険、三井生命保険が参加する。

10社合計の株式保有額は約24兆円にのぼる。

3月中にも株主還元率などが一定水準を下回る一部上場企業に対し、共同で書簡を送る。

送付先は明らかにしていないが、小売業や機械、サービス業などのほか、地方銀行も入っているという。機関投資家による共同対話は「集団的エンゲージメント」と呼ばれる。国内では17年度に企業年金連合会が三菱UFJ信託銀行など大手金融4社と連携し、初めて共同対話に着手。海外では英国が14年に開始したのを機に、欧米で取り組みが広がっている。

(日本経済新聞 2018/03/01)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-4-11

    社員に健康意識醸成 端末提供やポイント制導入

    生命保険各社が、社員の健康意識醸成に取り組んでいる。 健康経営を中期経営計画に盛り込む生保も増加。…
  2. 2017-4-19

    ネットで保険の売買マッチング

    ディー・エヌ・エー(DeNA)とアイリックコーポレーションは18日、保険に加入希望者と生命保険の販売…
  3. 2017-9-13

    「結婚前提の交際」なし 過半数 独身アラサー 民間調査

    ​25~34歳の「アラサー世代」独身者の過半数が結婚を意識した男女交際をしたことがないという結果が、…
  4. 2017-11-7

    生保、高齢者に照準 商品・サービス拡充、社会変化へ対応加速

    生命保険会社が高齢者を対象にした商品・サービス展開を拡大している。 長生きするほど多く保険金を受け…
  5. 2018-5-31

    外貨建て競争加熱

    米国の長期金利上昇を受けて、外貨建て金融商品の発売が相次いでいる。 日銀の金融緩和で国内は超低金利…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る