• このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6兆4567億円、当期利益が同29.6%増の2312億円となる減少当期増益だった。​

​マイナス金利政策による運用環境悪化で貯蓄性商品の販売を停止したことが響き減収となった。

スポンサーリンク


第一フロンティア生命保険や海外事業の好調が寄与し、当期利益は6期連続となる上場来最高だった。

貯蓄性商品の販売抑制に伴う「責任準備金等繰入額」の減少で、17年3月期の経常利益は前年比1.7%増の4253億円だった。

保険料等収入は同20.0%減の4兆4687億円、基礎利益は同2.6%増の5584億円だった。

岡本一郎執行役員は「株式会社化やホールディングス化に伴う体制整備は完了した。

インステック(保険とITの融合)を使った新サービスなどを開発し、今期は打って出る」と述べた。

(日刊工業新聞 2017/05/16)
第一生命の決算リリース​

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/results/kessan/2016/index.html

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-27

    4.生命保険におけるコレクター精神

    特に記念切手を集めるといった収集癖がなかったとしても、人は誰でもコレクター精神を持ち合わせています。…
  2. 2017-3-1

    3.成長期

    成長期の法人とは、おおよそ創業10年を超え毎年増収を継続するような、伸び盛りの時期です。 事業を継…
  3. 2018-7-10

    生保協会、高齢者支援団体に資金助成

    生命保険協会は2日、高齢者の健康管理や自立支援に取り組むNPO法人やボランティア団体に計500万円を…
  4. 2017-11-10

    明治安田生命 若者向け新規開拓で成果

    明治安田生命保険が販売するかんたん保険シリーズ「ライト!」が順調に契約数を伸ばしている。 2016…
  5. 2017-2-21

    8.希少性と高い価値をつける

    生命保険商品の場合、人気がありすぎて、手に入るのが3ヶ月待ちですなどという物はありません。 メーカ…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る