• このエントリーをはてなブックマークに追加

第一生命ホールディングスが15日発表した2017年3月期連結決算は、経常収益が前年比12.0%減の6兆4567億円、当期利益が同29.6%増の2312億円となる減少当期増益だった。​

​マイナス金利政策による運用環境悪化で貯蓄性商品の販売を停止したことが響き減収となった。

スポンサーリンク


第一フロンティア生命保険や海外事業の好調が寄与し、当期利益は6期連続となる上場来最高だった。

貯蓄性商品の販売抑制に伴う「責任準備金等繰入額」の減少で、17年3月期の経常利益は前年比1.7%増の4253億円だった。

保険料等収入は同20.0%減の4兆4687億円、基礎利益は同2.6%増の5584億円だった。

岡本一郎執行役員は「株式会社化やホールディングス化に伴う体制整備は完了した。

インステック(保険とITの融合)を使った新サービスなどを開発し、今期は打って出る」と述べた。

(日刊工業新聞 2017/05/16)
第一生命の決算リリース​

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/results/kessan/2016/index.html

スポンサーリンク



関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-1-26

    日生、首位死守へ攻め

    金融界で異例のトップ人事が相次いできた。 日本生命保険は25日、保険数理人(アクチュアリー)の有資…
  2. 2017-9-28

    第一生命 回数制限なく休業 介護離職防止策を拡充

    介護に直面する社員の退職を防ぐため、企業が多様な働き方を念頭に置いた支援制度を整え始めた。 ​第一…
  3. 2017-4-27

    生保の資産運用 脱「安全志向」

    高リスク投資、各社が組織再編 ​低金利による運用難に苦しむ生命保険各社が、リスクの高い投資を専門に…
  4. 2017-6-27

    第一生命HD 保険とIT融合 最優先で推進

    第一生命ホールディングスは26日、都内で定時株主総会を開いた。 稲垣精二社長は「インステック(保険…
  5. 2017-9-7

    日生、定年65歳に延長へ

    内勤1万5000人 33年度実施検討​ ​日本生命保険は5日、内勤社員の定年を60歳から65歳に引…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る