ネット通販など契約ルール明確化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット通販や生命保険などの契約ルールを明確化する改正民法が26日、参院本会議で可決、成立した。

企業側が消費者に示す契約条項(約款)が無効となる基準を示すことが柱で、契約分野の大幅な見直しは明治時代の民法制定以降初めて。

スポンサーリンク


改正項目は約200に及び、周知のため試行は約3年後になる見通し。
 
​現行民法に約款に関する規定はなく、解釈の違いから企業と消費者がトラブルになることも多い。

改正案は約款に合意すれば内容を理解していなくても契約が成立すると定める一方、一方的に客の不利益となる内容は無効とする。

 

(フジサンケイビジネスアイ 2017/05/27)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-9-13

    石炭火力に原則融資せず 明治安田、環境に配慮方針

    明治安田生命保険は10月から、石炭火力発電向けの新規の投融資を原則取りやめる。 国内外問わず、…
  2. 2017-6-23

    トンチン年金 契約増 長生きリスクに備え 「子に負担かけたくない」

    ​早く死ぬと損が大きい代わりに長生きするほど多くの年金を受け取れる「トンチン年金」が注目されている。…
  3. 2018-1-10

    プルデンシャル生命、女性の営業員2割に引き上げ

    ​プルデンシャル生命保険は営業を手掛ける「ライフプランナー」で女性の割合を高める。 現在は1割に満…
  4. 2017-2-28

    6.営業サイクルの本当の意味

    営業サイクルの流れ 1.見込客づくり 生命保険営業にとって最も重要。 2.アポイントメ…
  5. 2017-2-27

    1.人は権威によって動かされる

    私は、よく人から権威に弱いねなどと揶揄されることがあります。 警察官に声を掛けられたら、ドキッとし…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る