運用難でも増配ラッシュ 生保、長寿化の恩恵を還元

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

​2018年3月期決算を受け、生命保険会社の間で契約者配当を引き上げる動きが相次いでいる。

すでに明らかになった日本生命保険などに加え、住友生命保険も増配する。

長寿化による死亡率低下の恩恵を、配当として死亡保険の契約者などに還元する。

一方、日銀のマイナス金利政策導入以降、厳しい運用環境が続くなか、運用収益が影響する個人年金などの配当には各社が頭を悩ませている。

住生は死亡保障付きの定期保険などの契約約350万件を対象に、約110億円の増配を決めた。

「内部留保や将来の収益性とのバランスを見ながら安定配当を実施する」(古河久人執行役常務)

すでに日生と明治安田生命保険も、過去2番目となる大規模な増配を決定。

富国生命保険も異例の6年連続の増配を実施する。

株式会社の第一生命保険は、全体の配当額は前年並みとする一方、死亡保険など433万件を対象に増配する。

今回の増配ラッシュは、長寿化で保険金の支払いが保険会社の想定を下回って浮いたお金を還元する意味合いがある。

ただ厳しい運用環境を反映し、運用収益が配当に影響する個人年金などについては多くの生保が据え置き・減配とした。

(日本経済新聞 2018/06/08)

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-2-28

    3、ファーストアプローチ(初回面談)

    初めて見込み客に会う段階では、個別のニーズについて話をするわけにはいきません。 まずは、年代であっ…
  2. 2017-6-20

    浮いた残業代 人に投資(企業、働き方改革で競争力)

    ​働き方改革で減少した残業代の一部を原資に、研修など従業員に投資する企業が出始めた。 ​かんぽ生命…
  3. 2018-2-26

    明治安田 中高年の研修に注力

    2019年度から定年を65歳に延長する明治安田生命保険。 働き手の減少と業務量の増加が進む中で活躍…
  4. 2018-7-17

    「健康・長生き」保険で後押し

    ​人生100年時代を迎え、健康に長生きしたい人を後押しする生命保険が相次いでいる。 第一生命保険は…
  5. 2017-3-9

    保険の銀行窓販4割減(一時払系商品売止などにより)

    ​保険商品の銀行窓販が急減 2016年度の販売額は前年度比で4割減り、09年度以来の低水準になる見…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る