生協健保 解散を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ本年度いっぱいで解散する方向で検討していることが4日分かった。

​解散すると、加入者は中小企業向けの協会けんぽに移ることになる。

国は協会けんぽに補助金を出しており、加入者移行に伴い、国民負担が十数億円増える見通し。

解散して移行した場合、協会けんぽが発足した2008年以降では最大の移行人数となる。

生協本体の事業に直接の影響はない。

日生協健保では昨年11月、理事会の下に設けた小委員会が、解散を選択肢とすることを答申。

今年3月27日の理事会と組合会で解散に向けた検討を議決した。

(毎日新聞 2018/04/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-3-6

    1.生命保険活用のメリット

    なぜ生命保険で相続(税)対策を活用するのか考えて見ましょう。 ■ 相続を抱える人の3つの悩み …
  2. 2018-6-11

    ミャンマー保険市場、官民で支援

    経済の高成長が期待されるミャンマーで保険市場を育てていくため、日本の官民が大がかりな協力に乗り出す。…
  3. 2017-2-28

    3.知識とスキル (3)交渉スキル(4)活動管理スキル(5)意識付けスキル

    (3)交渉スキル どのようなビジネスにおいても、営業は、成果を挙げるために心理学を徹底活用していま…
  4. 2017-6-15

    第一生命HD滋賀大と連携

    第一生命ホールディングスはデータサイエンティストの育成を目的に滋賀大学と産学連携協定を締結した。​ …
  5. 2018-6-22

    日生からの受託拡大 米TCW 代替投資分野の運用

    日本生命保険が2017年度に出資した米大手運用会社TCWのデビット・リップマン最高経営責任者(CEO…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,665人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る