生協健保 解散を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全国の生協(コープ)の従業員や扶養家族約16万4000人が加入する「日生協健康保険組合」が、早ければ本年度いっぱいで解散する方向で検討していることが4日分かった。

​解散すると、加入者は中小企業向けの協会けんぽに移ることになる。

国は協会けんぽに補助金を出しており、加入者移行に伴い、国民負担が十数億円増える見通し。

解散して移行した場合、協会けんぽが発足した2008年以降では最大の移行人数となる。

生協本体の事業に直接の影響はない。

日生協健保では昨年11月、理事会の下に設けた小委員会が、解散を選択肢とすることを答申。

今年3月27日の理事会と組合会で解散に向けた検討を議決した。

(毎日新聞 2018/04/05)

スポンサーリンク


関連記事

おすすめ記事

  1. 2018-11-30

    大樹生命へ 4月に変更  三井生命、販売網は維持

    ​三井生命保険は29日、2019年4月から社名を「大樹生命保険」に変更すると発表した。 90年以上…
  2. 2017-3-6

    2.相続対策関連知識②

    【関連知識】生前贈与の特例 直系尊属からの教育資金の一括贈与の特例 平成25年4月1日から平成3…
  3. 2017-6-20

    郵政系2社の新規業務認可(個人融資や保険見直し)

    総務省と金融庁は19日、ゆうちょ銀行とかんぽ生命が申請していた新規業務を認可した。 ​ゆうちょ銀行…
  4. 2017-5-17

    健康データで保険商品

    経済産業省は、健康データを活用する保険商品の開発支援を始める。​ 生活習慣病の予防法確立などを目的…
  5. 2017-6-27

    次世代を支援

    「​10年前に会社を設立した時、常に社員に寄り添おうと誓った」と振り返るのは、25日にライフネット生…

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

おすすめの電子書籍

新着記事をメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、記事更新をメールで受信できます。

2,666人の購読者に加わりましょう

ページ上部へ戻る